お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

スリムクラブ真栄田、「切れ味がいい」見取り図とヘリオス酒造をアピール

90

「よしもと沖縄シュフラン2018試食選考会」に参加した芸人たち。

「よしもと沖縄シュフラン2018試食選考会」に参加した芸人たち。

「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」がスタートした昨日4月19日、北中城村にあるイオンモール沖縄ライカム内のよしもとエンタメショップにて「よしもと沖縄シュフラン2018試食選考会」が行われた。

「よしもと沖縄シュフラン」は47都道府県の主婦が選ぶご当地グルメランキング「よしもと47シュフラン」の沖縄版。沖縄での開催は昨年に続いて2回目で、沖縄の主婦がオススメする商品の中からよしもとの芸人やバイヤーによる選考と一般投票で金賞を決定する。

試食会には沖縄出身芸人のスリムクラブ、空馬良樹や、スイーツ芸人として知られるスイーツなかの、バンビーノ、ひょっこりはん、ビスケッティ、三中元克が参加。結婚したばかりの須藤凜々花も“主婦代表”として加わった。彼らは133の商品の中から一番のお気に入りをセレクト。スリムクラブ真栄田は「切れ味がいい」というコメントを沿えて見取り図の芸人ステッカーを報道陣のカメラにアピールして笑いを誘う。実際に選んだヘリオス酒造のクラフトビール「ゴーヤドライ」に関しては「親戚の会社です! 両親が400万円借りてます!」と堂々と話し、相方・内間も「僕は相方(真栄田)の相方なので、運命共同体ということで僕もヘリオス酒造」と乗っかってコンビの絆を見せた。

お笑いナタリーをフォロー