ロバート秋山、映画「女々演」舞台挨拶で語った“しょんべんシーン”のこだわり

83

本日3月24日、映画「女々演」の初日舞台挨拶が東京・シネ・リーブル池袋にて行われ、ロバート秋山が登壇した。

左から玉城ティナ、ロバート秋山、福山康平。

左から玉城ティナ、ロバート秋山、福山康平。

大きなサイズで見る(全15件)

「女々演」は、絶対的ヒロインが辞めた演劇部が舞台の青春ストーリー。残された4人の“微妙”な女子たちが「ヒロインを誰が演じるのか」という問題に直面し、秘めていた思いをぶつけ合う。ロバート秋山が演劇部顧問・黒田を演じるのは既報の通りだ。

ロバート秋山

ロバート秋山[拡大]

初日舞台挨拶には秋山のほか、キャストの福原遥玉城ティナ矢倉楓子NMB48)、小野花梨齋藤美咲福山康平、監督の高野舞が出席。冒頭では、秋山が「(撮影が)1年前ですから、なかなか時間が空きましたけど、ようやくここで流せるということで。僕は皆さんに内緒で、(初日舞台挨拶の)場所から全部決めて手配とかしてました。場所の兼ね合いなどいろいろあったんですけど、やっと今日ここまで辿り着きました。ありがとうございました」とプロデューサーになりきって挨拶して会場の笑いを誘った。

女性が多かった撮影現場の話題になると、普段からさまざまなキャラクターを演じ分けている秋山は「謙遜する女子の生々しい感じを持ち帰ろうとしました」と語る。また「しょんべんするシーンは何日間か考えて悩みました。『どうやったら背中だけでしょんべんしてるように見せられるんだろう』って。本当にしたらまずいですもんね。いつも下半身に力を入れて過ごしました。やっぱり背中に出ちゃうんでね。『あいつしてねーだろ!』って思われちゃう」と自分なりのこだわりを熱弁した。

この記事の画像(全15件)

関連記事

ロバートのほかの記事

リンク

(c)2017吉本興業

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ロバート / 福原遥 / 玉城ティナ / 矢倉楓子 / NMB48 / 小野花梨 / 齋藤美咲 / 福山康平 / 高野舞 / 女々演 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。