くっきーが斎藤工とコント披露、ブドウ糖3粒食べて「脳みそ回れ、回れ」

2

311

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 62 235
  • 14 シェア

野性爆弾くっきーと斎藤工が出演している「ドラマ25『MASKMEN』」(テレビ東京ほか)。先日最終話の撮影が行われ、その後に開かれた取材会にくっきーと斎藤が出席した。

斎藤工(左)と野性爆弾くっきー(右)。

斎藤工(左)と野性爆弾くっきー(右)。

大きなサイズで見る(全7件)

「MASKMEN」第2弾ポスタービジュアル

「MASKMEN」第2弾ポスタービジュアル[拡大]

「MASKMEN」は斎藤が本気で芸人に挑戦する姿を追い、また彼をプロデュースするくっきーの創作の裏側にも迫る“ドキュメンタリードラマ”。斎藤は覆面芸人・人印(ピットイン)としての活動を通じて笑いと真剣に向き合い、その難しさに葛藤する。一方でくっきーも他人をプロデュースするという作業に悪戦苦闘。斎藤とぶつかったり、芸人仲間に知恵を借りたりしながら、ネタ作りに取り組んできた。

最終話の舞台となったのは都内のライブハウス。ここでは人印も所属するグレープカンパニーのネタライブが行われていた。トリに登場したくっきーと斎藤はコントを披露。ネタの内容は3月23日(金)深夜の放送で確認してほしい。

一緒にコントを披露した野性爆弾くっきー(左)と斎藤工(右)。

一緒にコントを披露した野性爆弾くっきー(左)と斎藤工(右)。[拡大]

ライブを終えた2人に話を聞くと、「くっきーさんとご一緒できて幸せです。永遠に続けばいいのにと舞台上で思っていました」(斎藤)、「斎藤さんが手を組みたいって言ってくれはった時点で幸せなんですけど、最後の最後に一緒にネタができてマックスの誉れ具合」(くっきー)とそれぞれコメント。アドリブの多い掛け合いだったが、くっきーは「タイミングは全部斎藤さん任せだったんですが、ちゃんとお笑いの間でした」と斎藤の勘のよさに感心する。反対に斎藤は、負担の多いネタにもかかわらずくっきーがほとんど稽古をしないことに驚いたといい、「本番の生の感覚でネタをやるっていう度量がすごい。侍が何千人もの前に1人でガッと立っているような大きさを感じました」とリスペクト。しかしくっきーは「いやいや、楽屋でビクビクしながらブドウ糖3粒、めちゃめちゃ食うてましたよ! 『脳みそ回れ、脳みそ回れ』いうて(笑)」と笑う。

斎藤工(左)と野性爆弾くっきー(右)。

斎藤工(左)と野性爆弾くっきー(右)。[拡大]

いつもとは違い、「ウケなあかん」とプレッシャーを感じていたと明かしたくっきー。「極端に言えば、これまでスベリ続けてきたんです。『MASKMEN』では『スベる、スベる、スベる!、スベる……、スベる!!』みたいに強弱のあるスベリを続けてきて、観ている人も『いつウケんねん』って思っていたはず」と緊張感を明かした。今回の経験を通じて「自分レベルが上がった」と手応えもある。「今までは目の前にいるお客さんを笑わすことを第一に置いてなかったんです。自分がやりたいことをやってお客さんが笑ったらそれがベストっていう考え方で。でも今回、斎藤さんと一緒にやるにあたって、お客さんに笑ってほしいっていう感覚は生まれたかもしれないです」と語り、「少し角は削れたかもしれません。ほんのりなで肩なってません?」とボケつつ、「勉強になりました」と発見があった様子だった。

なお本作のDVDボックスは7月4日にリリース。ドラマ本編に加えて、「斎藤工が挑む!NSC講義完全版」「サンキュータツオが説く大喜利必勝法」「X JAPAN『Toshl』の『マスカレイド』レコーディング映像」といった映像特典も収録される。

この記事の画像(全7件)

ドラマ25「MASKMEN」最終話「芸人」

テレビ東京ほか 2018年3月23日(金)24:52~25:23
<出演者>
斎藤工 / 野性爆弾くっきー ほか

全文を表示
(c)「MASKMEN」製作委員会

読者の反応

  • 2

なかがわけんいち (中川兼一 ) @KenichiNakagawa

くっきーが斎藤工とコント披露、ブドウ糖3粒食べて「脳みそ回れ、回れ」(コメントあり) - お笑いナタリー https://t.co/WH46p1J42D

コメントを読む(2件)

関連記事

野性爆弾のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 野性爆弾 / 斎藤工 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。