お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

野性爆弾くっきーはポップアイコン?人気もお構いなしの平常運転

569

野性爆弾くっきーのインタビューが、本日2月21日発売のテレビ情報誌「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)2018年3月2日号に掲載されている。

同誌では4ページにわたってくっきーを特集。インタビューに加えて、くっきープロデュースのピン芸人・人印に扮している斎藤工やくっきー率いる肉糞亭一門会の門下生・肉糞亭ゴミ喰いこと雨上がり決死隊・蛍原、人印の成長を追うドラマ「MASKMEN」(テレビ東京)の監督やプロデューサーの証言も収録した。

「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で注目されだした妖精・チェチェナちゃんをはじめ、さまざまなキャラクターで子供や女性からの人気を集めているくっきー。「よしもとのポップアイコンのてっぺんです」と自称しつつ、“ポップなくっきー”を求めて劇場にやってくる観客に対しても「平常運転」を貫き不穏な笑いでファンを唖然とさせているという。「タレントショップを出したい」などの野望を明かしながら、「今はモグラが穴からちょっと顔を出してる状態」と客観的だ。このほか芸風のルーツなども語っているのでチェックしてみては。

お笑いナタリーをフォロー