宮川大輔が主演映画「サクらんぼの恋」で45歳童貞役、ラブシーンにも挑戦

213

宮川大輔が主演を務める映画「サクらんぼの恋」の制作が決定した。

宮川大輔演じる山川則夫。

宮川大輔演じる山川則夫。

大きなサイズで見る

宮川演じる主人公は、社会に馴染めずに自分の殻にこもって生きてきた45歳の男・山川則夫。女性と関係を持ったことが一度もなく、他人に嫉妬や憎しみの気持ちを常に抱いているというキャラクターだ。作品では、そんな彼が1人の女性と出会い変わっていく姿が描かれ、宮川はラブシーンにも挑む。

脚本と監督は「ロボコン」「奈緒子」「ホームレス中学生」「武士道シックスティーン」などを手がけた古厩智之。宮川は脚本を読んだときの心境を「繰り返し読むたびに世界観が広がり、最後のほうは、本当にジーンときちゃいました」と述べている。果たしてどのような作品に仕上がるのか、続報を楽しみに待とう。

宮川大輔 コメント

──脚本を読んだときの感想は?
繰り返し読むたびに世界観が広がり、最後のほうは、本当にジーンときちゃいました。最後のシーンに関しては自分自身も撮影を楽しみにしていたので、あまり深く読まずに挑もうと思いました。

──今回の役を演じるに当たって意識したことなどはありますか?
則夫は45歳で童貞という設定で、45歳は自分の実年齢でもあります。「童貞はどんなんやろ?」と考えたときに、童貞はピュアさと少年の心を持っているなと思ったので、ピュアさと少年さを意識させていただきました。

──山川則夫と宮川大輔の共通点はどこですか?
B型おとめ座は一番ピュアだと聞いたことがあるので、ピュアさが僕と則夫の共通点だと思います。あと真面目なところですかね(笑)。

──最後に意気込みをお願いします。
「サクらんぼの恋」に出させていただいて、撮影途中で心と気持ちがあったかくなったり、つらくなったりしました。僕が演じててそう感じたので、観ていただく方にもいろんな気持ちになっていただきたいです。ぜひ楽しみにしてください!

関連記事

宮川大輔のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 宮川大輔 / 古厩智之 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。