お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

柳沢慎吾がガンアクションスター宣言“1人ダークタワー”で客爆笑

45

映画「ダークタワー」の公開直前イベントに登壇した柳沢慎吾。

映画「ダークタワー」の公開直前イベントに登壇した柳沢慎吾。

映画「ダークタワー」の公開直前イベントが本日1月17日に都内にて行われ、柳沢慎吾が登壇。「面白すぎて2回観た!」とこの作品を語る柳沢は「1人ダークタワー」の芸を披露した。

スティーブン・キングの小説が原作の「ダークタワー」は異世界を舞台に、世界の調和を保つ塔・ダークタワーを守る主人公の拳銃使い・ガンスリンガー(イドリス・エルバ)と、世界の崩壊を目論む黒衣の男(マシュー・マコノヒー)が戦うアクション作品。黒衣の男をイメージして黒いマントに身を包み「ハッハッハ! 世界は私のものだ」と高笑いしながら入場した柳沢は、やがてマントを脱ぎ捨てガンスリンガーのコスプレ姿に。その後、2人の一騎打ちを拳銃の弾やその効果音を含めた1人4役で熱演し、客席の爆笑を誘った。

「ダークタワー」の高速ガンアクションがすごいと話したあと「僕がスピーディにできるのはパトカーの赤色灯くらい」と話した柳沢が、パトカーの赤色灯の回転とサイレンの音のネタを披露する一幕も。さらに「ダークタワーが崩れると世界が終焉する」という作中の設定にちなみ、柳沢がさまざまな質問に答えながら巨大ジェンガに挑戦する企画では、「宿敵は?」との問いに「中井貴一」と即答して中井貴一のモノマネを見せたほか、「これからはアクションスターとしてシリアスなガンアクションシーンに挑戦したい」と宣言した。

最後に今年2018年の抱負を聞かれ「何もないです! 現状維持です!」と答えた柳沢。「いい夢見ろよ! あばよ!」といつものように言い残してイベントを終えた。ニコライ・アーセル監督の「ダークタワー」は来週1月27日(土)に東京・丸の内ピカデリーほかにて全国公開される。

お笑いナタリーをフォロー