お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

華丸・大吉が井上陽水と福岡の屋台でトーク!27周年特番、ハワイ島でも大はしゃぎ

688

博多華丸・大吉と井上陽水(中央)。

博多華丸・大吉と井上陽水(中央)。

博多華丸・大吉の特番「華丸・大吉27周年記念 祝うて三度SP」(テレビ西日本)が11月28日(火)に放送され、ゲストとして井上陽水が出演する。

これは同局で放送されている「華丸・大吉のなんしようと?」をベースに、華丸大吉25周年から連続で放送されている特番。陽水が娘・依布サラサのレコーディングに「博多弁でしゃべってほしい」と華大を呼んだことから3人の交流は始まり、陽水は「2人のお祝いなら」と今回の出演オファーを快諾したという。

陽水が登場するのは福岡の屋台で酒を酌み交わしながらトークする「屋台トーク」のコーナー。デビュー秘話や「少年時代」の歌詞について、奥田民生との関係などが語られ、大吉は「僕も華丸も“調子のり”なんで、話し過ぎた、聞き過ぎたんじゃないかな、と。明日の朝、目が覚めてゾッとしたいと思います」とコメントしている。

このほか番組では、華大によるハワイ島ロケを展開。2人はショッピングや食事、イルカとのふれあい体験などを満喫し、雄大な自然を前に大はしゃぎする。

博多華丸・大吉と井上陽水のコメント

博多華丸:陽水さんは、お会いするたびに若返られている印象。発想や気の若さに毎回驚きますね。 僕らも負けられない!

井上陽水:今日は面白かった。やっぱり2人は大したもんです。トークで全部身ぐるみはがされた感じかな。

博多大吉:陽水さんはもう教科書に載るような人じゃないですか。いわば歴史上の人物みたいな。なのに僕も華丸も“調子のり”なんで、話し過ぎた、聞き過ぎたんじゃないかな、と。明日の朝、目が覚めてからゾッとしたいと思います。とんでもない、えらい失礼なことをしてしまったって(笑)。

華丸・大吉27周年記念 祝うて三度SP

テレビ西日本 2017年11月28日(火)19:00~20:54

お笑いナタリーをフォロー