お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バナナマン設楽&バカリズム、岡宗秀吾Dのキテレツ実話本へ帯コメント

439

バナナマン設楽とバカリズムが、岡宗秀吾氏の著書「煩悩ウォーク」(文藝春秋)の帯にコメントを寄せている。

岡宗氏は「全日本コール選手権」シリーズや「とにかく金がないTV」(BSジャパン)、「BAZOOKA!!!」(BSスカパー!)、バナナマンライブのDVDなどを手がけてきたフリーランスのテレビディレクター。神戸のベッドタウンに生まれ、さまざまなカルチャーに影響を受けて育った氏は、阪神・淡路大震災を機に上京して「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ系)のADという職を得、以来20年以上にわたってユニークな番組作りに取り組んできた。

本書は3章で構成され、「地方ロケで地獄を見た話」「女の子の部屋で警察を呼んだ話」「ボーイスカウトで出会った恐怖のオカルト少年の話」など、氏がこれまでに体験してきた数々の珍妙な経験が収録される。11月30日に発売予定。

お笑いナタリーをフォロー