よしもと西梅田劇場オープン、桂文枝、西川きよしらテープカット

309

よしもと西梅田劇場が本日9月25日にオープンした。

テープカットの様子。

テープカットの様子。

大きなサイズで見る(全5件)

オープニングセレモニーの様子。

オープニングセレモニーの様子。[拡大]

西梅田スクエアに構える吉本興業の11館目となる劇場・よしもと西梅田劇場。公演前には玄関前で桂文枝西川きよし中田カウス・ボタン西川のりお・上方よしおWヤングがテープカットを行い、劇場内に移ってオープニングセレモニーが実施された。

「よしもと西梅田劇場へいらっしゃーい!」とアピールする桂文枝(左)と西川きよし(右)。

「よしもと西梅田劇場へいらっしゃーい!」とアピールする桂文枝(左)と西川きよし(右)。[拡大]

楽器を得意とする吉本新喜劇座員や芸人などで結成されたホンワカパッパー隊が新喜劇のテーマを演奏し、セレモニーを彩る。指揮者を務める吉田裕がトランペット担当の山田花子に「演奏してました?」と尋ねると、「してたよ!」と強気な花子は正露丸でおなじみのファンファーレを披露してみせた。隊長の坂田は「アホの坂田でございます。嫁はん欲しい。よしもと西梅田劇場で絶対に探す」と挨拶して笑わせる。

吉本興業の吉野伊佐男会長は「梅田で育った芸人さん、梅田で成功した芸人さん、梅田に熱い思いを持っている芸人さん、たくさんいます。その方々の感慨もひとしおだと思います。吉本の思い、吉本の笑いを皆さまにお届けし、大いに楽しんでいただけるような空間、時間を作っていきたい」とコメント。また芸人たちからも「僕らはうめだ花月でオーディションを受け、それから吉本に置いていただいた」(中田カウス)、「私はうめだ花月の劇場で師匠を見ているときに、うめだ花月の部長さんから『吉本来えへんか?』と声をかけていただいて本当にうれしかった」(文枝)などと梅田に再び劇場ができることへの思いが語られた。

よしもと西梅田劇場のキャパは700席。なんばグランド花月の改装工事期間中はNGKの本公演を「限定!おでかけ なんばグランド花月」と題して毎日上演する。

限定!おでかけ なんばグランド花月

期間:2017年9月25日(月)~12月20日(水)
時間(平日):11:00~ / 14:30~
時間(土日祝):9:45~ / 12:45~ / 15:45~
入場料:前売・当日4700円

この記事の画像(全5件)

関連記事

桂文枝のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 桂文枝 / 西川きよし / 中田カウス・ボタン / 西川のりお・上方よしお / Wヤング / 吉田裕 / 山田花子 / 坂田利夫 / NON STYLE の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。