お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

板尾創路、新春スタートの連ドラに初主演決定

板尾創路が、来年1月スタートの連続ドラマ「木下部長とボク(仮題)」(読売テレビ・日本テレビ系)で主演を務めることがわかった。板尾の連ドラ主演は今回が初となる。

板尾が演じるのは、大手広告代理店に勤務する木下部長。遅刻、早退、居眠り上等の無責任男ながら、奇抜な発想でさまざまな問題を解決していく。また、木下部長に振り回される新入社員役として、しずる池田がドラマに初出演するほか、ココリコ田中も共演者に名を連ねる。さらに初回ゲストにチュートリアル徳井が登場するなど、お笑い好きにとっても身近に感じられるドラマになりそうだ。

脚本と演出を手がけるのは、CMや舞台、ドラマなどさまざまな分野で活躍中のクリエイター、大宮エリー。もともと板尾とは親交が深く、板尾主演の連ドラを夢に描いていたとのことで、本作にかける意気込みもひとしお。お互いをよく知り尽くした板尾と大宮エリーがそれぞれの才能をどのようにぶつけ合うのか。ファンは奇才同士の化学反応を期待して待とう。放送は、毎週木曜23時58分から(初回は24時28分)。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

お笑いナタリーをフォロー