お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「やついフェス2016」約1万人動員の盛況ぶりで閉幕、来年も開催決定

403

クリアボールに入り観客にダイブするDJやついいちろう。(写真提供:Yuji Honda)

クリアボールに入り観客にダイブするDJやついいちろう。(写真提供:Yuji Honda)

エレキコミックやついいちろうの主催するイベント「YATSUI FESTIVAL! 2016」が6月18日と19日の2日間にわたり開催され、同イベント内で「YATSUI FESTIVAL! 2017」の実施が発表された。

今年で5回目の「YATSUI FESTIVAL!」には、泉谷しげる、華原朋美、川本真琴、サニーデイ・サービス、東京女子流といったアーティストやアルコ&ピース、犬の心、流れ星、マツモトクラブ、三四郎ら芸人など、やついフェス史上最大の出演者数となる285組が参加。観客の総動員数も約1万人という盛況ぶりを見せた。お笑いナタリーでは2日間の模様をダイジェストでレポートする。

6月18日

イベントの幕開けを飾るDJやついいちろうのステージには千秋が登場。大歓声で迎えられた彼女はポケットビスケッツの楽曲「YELLOW YELLOW HAPPY」「Red Angel」「POWER」を歌い上げ、高らかに開会を宣言した。

お笑いステージではTKOとエレキコミックのスペシャルコラボレーションが実現。やついがDJでB'zの「ultra soul」をかけるが、最高潮に盛り上がるサビの直前で木下がCDJを止めに来るというコントで笑いをさらっていた。

初日のメインステージでは特別企画「やついフェススペシャル歌合戦」も。ここではダブルネーム、六角精児、DJ KOO、松本伊代といった面々がやつい組とマキタスポーツ組に分かれ、モノマネ、替え歌、本家が入り乱れた歌唱バトルを展開した。マギー、ラーメンズ片桐仁、エレキコミック今立にスタッフ2名を加えた「チームエレ片」はやつい組として参戦。嵐のメンバーの名前を書いたプラカードを首から下げて「A・RA・SHI」をダンスを交えて歌唱するが、やついからは「結婚式の余興と同じじゃないですか!」とツッコまれてしまう。

歌合戦のトリを飾ったのはマキタスポーツ。「やっちゃえ、NISSAN」のセリフとともに矢沢永吉に扮して現れ、クオリティの高いモノマネを披露した。その結果、審査員を務めた映画監督・山本晋也は「俺、やっぱり矢沢永吉が好きなんだよねえ」と、マキタ組に軍配を上げている。

6月19日

2日目のオープニングには、筋骨隆々のSASUKE軍団が登場。彼らがやついフェスの成功を祈ってSASUKEの難所「クレイジークリフハンガー」を全員で成功させたあとは、「俺が本物のキン肉マンだ!」と言いながら現れた神谷明が「キン肉マン GO FIGHT!」を熱唱し、2日目の開会宣言を行った。

イベントの終盤では、DJやついいちろうが自身の楽曲「そりゃそうよ」をプレイしながら、水曜日のカンパネラから借りたという大きなクリアボールに入り観客にダイブ。さらにいとうせいこう、いつか(Charisma.com)を呼び込み、3人でのコラボ曲「YYY」を披露し、会場を盛り上げた。

最後は曽我部恵一が作曲したフェスのエンディングテーマ「月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げる」を出演者全員が合唱。やついは観客に感謝の気持ちを述べたあと、2017年6月17日(土)と18日(日)に「YATSUI FESTIVAL! 2017」が開催されることを発表し、イベントを締めくくった。

お笑いナタリーをフォロー