お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「カリスマになりたい」ニューヨークのANN0、ドッキリでスタート

370

ニューヨーク。左から嶋佐、屋敷。

ニューヨーク。左から嶋佐、屋敷。

明日3月31日(木)深夜、新番組「ニューヨークのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)がスタートする。

ニューヨークがニッポン放送で冠番組を持つのは2015年4月にオンエアされた「ニューヨークのオールナイトニッポンR」以来のこと。去る3月23日には新パーソナリティの発表会見に出席し、同じ“お笑い枠”を担当する三四郎とともに意気込みを語った。

番組スタッフは会見に先がけて、ニューヨークへのドッキリを敢行していた。単発番組「オールナイトニッポンR」の打ち合わせと称してニューヨークを呼び出しておきながら、うっかり担当ディレクターがレギュラー開始を漏らしてしまうというものだ。一度事実を知ってしまったニューヨークは、何も知らないフリをしてチーフディレクターが待つ応接室へ。緊張感漂う中パーソナリティ決定を告げられると、一拍間を置いてから「……おおー!」「マジっすか! レギュラーってことですか!」と拍手しながら大げさに驚いてみせる。しかしすぐにこれがリアクションを試すドッキリだったと明かされると、「はあ? ちょっと待ってください。だとしてもすぐバラすな!」「何が嘘で何が本当かわからない」「ニッポン放送、ドッキリ下手か!」と雑なドッキリにかけられた怒りと本当にレギュラーが決まった喜びで困惑した様子だった。

彼らの音声は、担当ディレクターが口を滑らせたところからすべて録音されており、番組内でオンエアされるか、ジングルとして使用される可能性も。その後、改めて感想を聞くと2人は「全然いいリアクション取れなかった」「不安です」とガックリ。それでも徐々に喜びがこみ上げてきたようで、屋敷は「でもめちゃくちゃうれしい。家に帰る電車の中でうれしくなってくると思います」とようやく笑顔を見せた。

嶋佐は「若い人たちに聴いてほしい。カリスマになりたいんです」とすっかり気合十分で、同じ曜日に放送されている「ナインティナイン岡村のオールナイトニッポン」を引き合いに出し「チャンスだと思う。岡村さんには言わないでほしいんですけど、ひっくり返すくらいの気持ちでやります」と語る。「カリスマラジオ」を銘打っていた「ラブレターズのオールナイトニッポン0」を意識しているのか尋ねると、「完全に忘れてた! 不吉な言葉やんけ。終わるぞ!」と慌てだした屋敷が「マジでラブレターズさんみたいになりたくないんで!」と否定し、反面教師にしたいと2人で意欲を高めていた。

ラジオ好きの屋敷は「前回(オールナイトニッポンR)めっちゃ楽しくて、もう1回やらせてほしいなって思っていた。トークが好きなので、トークが面白いラジオにしたい」と展望を明かす。「毎週2時間しゃべってる人ってだいぶすごいなと思っていたので、それを自分たちがやれるのか」と不安も口にしたが、明日からどんな番組を作り上げていくのか期待しよう。

ニューヨークのオールナイトニッポン0(ZERO)

ニッポン放送 2016年3月31日スタート 毎週木曜 27:00~28:30
<出演者>
ニューヨーク
メールアドレス:ys@allnightnippon.com

お笑いナタリーをフォロー