お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

横澤夏子「R-1」決勝は6年の集大成「波に乗っかりたい」

220

横澤夏子 (c)関西テレビ

横澤夏子 (c)関西テレビ

「Cygames R-1ぐらんぷり2016」の決勝戦が3月6日(日)に関西テレビ・フジテレビ系にて生放送される。お笑いナタリーでは現在、決勝進出者9名のコメントを連載中。第6回は横澤夏子の話を紹介する。

芸歴6年目で「R-1」初の決勝進出を果たす横澤夏子。Bブロックの3番手として、ハリウッドザコシショウやおいでやす小田に続いて登場する。

横澤夏子のコメント

──初の決勝進出の感想は?

ものすごく、ただただうれしいです。有言実行できてホッとしました。単独ライブ(「ダントツガール」)が決勝の前日にルミネtheよしもとであって、「決勝に行かなかったら、どうしてくれるの? お客さんは何をモチベーションに観るの?」という背水の陣だったので。

──優勝の自信は?

この6年間頑張ってきた集大成になるので、自信はたくさんあります。この1年、ヨシモト∞ホールの「TOP」としてやらせていただいて、渋谷の若者の意見をいろいろ採り入れたネタになりました。ちょっとチクリとするかもしれないけど、みんなを微笑ましくするようなネタを、渋谷のギャル代表として見せられればと思います(笑)。

──横澤さんのネタはどのあたりがファンにウケてると思いますか?

同じ25歳前後の世代で、仕事をしっかり頑張ってる方たちには「ムカつく」「仕事に行く気がなくなる」と言われます(笑)。褒め言葉と受け取っています。感情移入してもらえるので、私にとっては「共有できた!」と。私も自分の知ってる人たちをネタにして、みんなに知らしめることがストレス発散になっています(笑)。

──「R-1」がさらなるブレイクのきっかけになるのでは?

「R-1」は私にとって大切な、一番欲しい賞。やっと決勝に来られたので、なんとかここで肩書きをいただいて、スタートダッシュを切りたいです。逃したくない。このまま波に乗っかりたいです。

Cygames R-1ぐらんぷり2016

関西テレビ・フジテレビ系 2016年3月6日(日)19:00~20:54
MC:雨上がり決死隊 / 加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
Aブロック: エハラマサヒロ / 小島よしお / シャンプーハットこいで / 復活ステージ3位
Bブロック: ハリウッドザコシショウ / おいでやす小田 / 横澤夏子 / 復活ステージ2位
Cブロック: 厚切りジェイソン / ゆりやんレトリィバァ / とにかく明るい安村 / 復活ステージ1位
審査員:関根勤 / 間寛平 / 清水ミチコ / ヒロミ / 板尾創路
R-1応援団:坂上忍 / 羽田圭介 / 新川優愛

お笑いナタリーをフォロー