お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

カンニング竹山、松平健との寸劇で啓発「高齢者詐欺被害を防ごう」

118

高齢者詐欺被害の未然防止を寸劇で訴える(左から)松平健とカンニング竹山。

高齢者詐欺被害の未然防止を寸劇で訴える(左から)松平健とカンニング竹山。

振り込め詐欺を始めとする高齢者詐欺被害の未然防止啓発PRイベントが本日12月3日、東京・巣鴨地蔵通り商店街のすがもん広場にて実施され、カンニング竹山が登壇した。

「『高齢者詐欺被害の未然防止』啓発キャンペーン」が内閣府と消費者庁、警察庁、金融庁の連携によって本日スタートし、竹山はこのキャンペーンのWeb限定動画「毎日話せば詐欺は防げる」編に出演。高齢者詐欺の被害に遭った母親の息子役を演じている。

「未然奉行」を名乗る松平健や、Web動画を監督した犬童一心とともにステージへ姿を見せた竹山。動画撮影時の心境を「リアルに実家の母親としゃべる感じだった。“まんま”でやりました」と明かしたほか、「離れて暮らしている親とコミュニケーションを取っていくことが詐欺被害を未然に防ぐ第一歩」と訴えた。

イベント中には突如松平健のケータイに連絡が入り、竹山がそれを「詐欺ではないか」と怪しんでみせる寸劇も。「誰からの電話なんですか? それは完全な詐欺ですよ! 急にお金を要求してくるなんておかしいでしょう!」と松平健に忠告する竹山は、「もしそういうことがあったら、消費者ホットラインの188番、“いやや”に電話をかけてください!」と不審な電話や訪問などを受けた際の相談先を、番号の語呂合わせとともにPRした。

竹山や松平、犬童監督のほか、坂東久美子消費者庁長官や高市早苗総務大臣も登場し、マイナンバー制度に便乗した詐欺の危険性も啓発する。イベント終盤には出演者たちが巣鴨地蔵通り商店街を練り歩き、高齢者のみならず、高齢者の子供や孫世代へチラシを配布して詐欺被害の防止を呼びかけた。

お笑いナタリーをフォロー