お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「ファイナルにふさわしい内容」年越しガキ使SP会見で松本が勝手に卒業宣言

2330

記者会見に出席した(左から)月亭方正、ダウンタウン、ココリコ。

記者会見に出席した(左から)月亭方正、ダウンタウン、ココリコ。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ)の恒例年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」が12月31日(木)に放送される。この記者会見が本日12月2日に都内で行われ、ダウンタウン、月亭方正ココリコが出席した。

シリーズ10作目の今年は「ガースー黒光り探偵事務所」を舞台に、ダウンタウンら5人が新人探偵として、さまざまな訓練や研修に臨む。5人が身を置くのは例年通り「何が起こっても絶対に笑ってはいけない」という過酷な状況。多くの芸人や俳優が仕掛け人として彼らを笑わせにかかり、5人は笑ってしまうと辛いお仕置きを受ける。

会見でダウンタウン松本は「今回が10年目ということで、ファイナルにふさわしい内容になったと思います。これで卒業できる」といきなりの最終回宣言。周りから訂正されると「まぁでも、何かしらの一区切りにはなると思いますね」と語る。一方、相方の浜田は「今回で完全にスタッフとの信頼関係がなくなりました」と訴え、松本からは「逆によく今までありましたね!」と驚かれていた。

方正は「今までで一番お尻が痛かったです」とロケの過酷さを振り返る。また「実は今回、撮影前に痛み止めを飲んだんです」と、ほかのメンバーも知らなかった事実を告白。松本から「それってドーピングなんじゃないですか?」と問い詰められるが、方正は「いや、あれって腹痛とか頭痛には効くんですけど、お尻にはまったく効かなかったんですよ!」と作戦が失敗に終わったことを苦笑いで説明した。

会見では放送に登場する仕掛け人が早くもバレてしまう場面も。「今回も千秋は出てきます」と当然のように言い放ったココリコ遠藤は「もう驚かなくなりました」と平然とした表情。また相方の田中は「撮影が終わったあと、『笑ってはいけない』のロケが今年も無事終わりましたっていうニュースがネットに出てたんですけど」と切り出し、「そこの出演者の名前に、もう蝶野正洋って書いてあったんですよ!」と笑いながら語る。これに対し周りのメンバーも「あの人はレギュラーですから」「もうサプライズじゃなくなってますね(笑)」と述べていた。

「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」のオンエアは12月31日(木)18時半から。なお2014年から2015年にかけて放送された「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」のDVD&Blu-rayボックスは本日12月2日に発売された。

お笑いナタリーをフォロー