「マキタスポーツEXPO」大盛況、笑いと音楽の中間地点で新境地

226

マキタスポーツとニッポン放送がタッグを組んだ初の音楽イベント「マキタスポーツ EXPO 2015」が、3月20日に東京・TSUTAYA O-EASTで行われた。

「マキタスポーツ EXPO 2015」記者会見の様子。

「マキタスポーツ EXPO 2015」記者会見の様子。

大きなサイズで見る(全17件)

「マキタスポーツEXPO 2015」記者会見の様子。(c)ニッポン放送

「マキタスポーツEXPO 2015」記者会見の様子。(c)ニッポン放送[拡大]

本番直前に行われた記者会見で「マキタさんもバンドとして出演されるそうですが、ほかのアーティストに対抗心は?」と尋ねられたマキタは、「そのバンドは僕じゃないです」と否定。「僕と『Fly or Die』リーダーのダークネスはすごく親しいんです。ということでお願いします」と話し、「その『Fly or Die』がオープニングアクトという扱いに腹を立てています。『なんでみんなと平等じゃないんだ!』と不服を申し立てて、この会見には来ていません」と説明した。また本イベントに出演するアーティストや芸人は自ら知り合いにオファーしたというマキタ。「ただ、馬と魚だけは知り合いじゃないです。彼は僕と芸風が似ていると言われているので、早めに芽を摘んでおこうと思って」と芸歴3年目のピン芸人・馬と魚を紹介。馬と魚は「かつて清水ミチコさんが世に出てきたときに『女版タモリ』と言われたように、僕も“男版マキタスポーツ”と言われたい」とコメントすると、マキタが「それ俺のことじゃないか!」とツッコんで笑いを誘うひと幕も。さらに今後の「マキタスポーツEXPO」の展望については「僕はお笑いもやるし、音楽もやる。その中間地点で人と人をつなげられると思うので、新たなシーンで盛り上げていけたらいいなと思っています」とコメントしている。

Fly or Die (c)ニッポン放送

Fly or Die (c)ニッポン放送[拡大]

ライブの幕開けを飾ったのはFly or Die。代表曲「Virgin Marry~聖母マリア~」のほか「デスドナルド」「矛と盾」の3曲で美声をとどろかせると、「ダークネス様―!」と歓声があがっていた。続いて登場したのはフォークギターを抱えて登場した馬と魚。aiko本人も公認だという「もしもaikoが桃太郎をテーマに曲を作ったら」という少し切ない歌詞の曲を歌い上げたほか、勝手に作った架空の新曲「竹原ピストルが玉子焼きをおいしく焼くための隠し味を教えてくれる曲」では、イメージ通りのメロディと酷似した歌い方に、観客からは「すごーい!」と驚嘆の声があがる。さらに「星野源がWi-Fiの素晴らしさに気づいたら」という曲では自然と手拍子が沸き起こり、会場を多いに盛り上げた。そのほかどぶろっくのバンド「どぶろっかーず」は、関根勤の初監督映画「騒音」の主題歌「テカる星屑達」を熱唱。DJダイノジは抜群の安定感で観客が一体となるパフォーマンスを披露。大トリの在日ファンクが熱の込もったステージを終えると、マキタが登場して浜野謙太と互いを讃えて抱擁を。最後にはマキタが「オレの歌」を弾き語りで歌う中、出演アーティストが1組ずつステージに登場。客席に挨拶をして約4時間に及んだイベントが終演となった。

この記事の画像(全17件)

マキタスポーツのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 マキタスポーツ / どぶろっく / トニーフランク / ダイノジ / 在日ファンク / フェアリーズ / 石崎ひゅーい / THE TON-UP MOTORS / SCOOBIE DO / 吉田山田 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。