お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

短瀬、まさわるし、反らない町「バ吾Aねーしょん」にスター続々登場

62

昨日12月1日に東京・新宿ロフトプラスワンで、バッファロー吾郎Aの新ライブ「バ吾Aねーしょん」が開催された。ライブにはサプライズでスターが続々登場。途中ケンカが勃発しヒヤッとする場面もあったが、替え歌ゲーム、カラオケなど、ユーモア満載の音楽ライブ誕生となった。

「バ吾Aねーしょん」は10月に行われたカードバトルライブ「Aスタディゲーム 4」でTHE GEESE高佐が考案した“Aが好きそうな”ライブ。オープニングは「Aスタディ」でも名前が挙がっていた短瀬智也が登場し、いきなりのハイテンションで「宙船」を歌う。仲間の高佐、鬼ヶ島・アイアム野田、R藤本が登場するとさらにテンションアップ。いきなりマイクを向けられた観客も、「おまえのオールをまかせるなー!」としっかり歌い、いきなりの一体感を見せていた。

「ありがとー! いい薬です!!」と名フレーズで観客に感謝したAは、続けて「こぶしを突き上げる曲行くよ!」と「東京砂漠」を選曲。もちろん観客も高佐らも、どこでこぶしを突き上げるのかまったくわからず戸惑う。「どうしたー!? ロフトー!」と機嫌を損ねた様子のAだったが、続いては「『Choo Choo TRAIN』で一緒に踊ろう」と提案。お決まりの順に回るダンスをみっちりと練習するも、流れてきたのは「Choo Choo TRAIN」の歌詞で始まるニール・セダカの「恋の片道切符」だった。

さすがに付いていけなくなった3人がAに文句を言うと、Aは「俺の右ストレートが出る前に帰れー!」と激怒。観客にも「あいつら今度会っても無視な!」と言い聞かせる。そこでここからは、Aが観客にも内緒にしていたスペシャルゲストを召喚。Aと会うのは「ロック54フェスティバル」以来という山崎まさわるしは、わざわざわ「バ吾Aねーしょん」のためにギブトクのギターを持参する気合いの入れよう。しかし、まさわるしのあまりの歌のうまさに、観客はなぜか笑ってしまう。

ビッグ発言が止まらない高佐俊彦は、笑顔を絶やさず完璧なダンスを披露。1人での登場となったアイアム谷村は、「チャンピオン」を歌う最中に「ベーヤンどこいったのー! ベーヤンの番だよー!」と叫ぶと、どこかにさらわれた様子のベーヤンから声だけが聞こえてきた。そしてフルーツポンチ村上似の反らない町ひくしのサプライズ登場には観客も大歓声。最後は観客が待ちに待った藤井フマナイヤが、「あきらめないで豆板醤」「ごはんをしきつめて」と、「食べ物のステージ」を歌い上げた。

休憩後は、ビッグスターの登場に反省した高佐らとAが仲直り。「反らない町ひくしさんに会いたかった」というフルーツポンチ村上もここから参加し、替え歌ゲームを行った。ルールはカラオケの歌詞を「小学生っぽく、逆の意味の歌詞に変える」というもの。「サザエさん」にチャレンジした高佐は出だしを「お肉をくわえた」に変え、全員から「うまい!」と絶賛される。続くR藤本も「大きな古時計」で「まだ、全然、うーごーくー」と歌い会場中が爆笑。村上も負けじと「はじめてのチュウ」の「やった! やったよ!」を「チクショー! チクショー!」と叫んでみせた。アイアム野田はテンポの速い「とんちんかんちん一休さん」に焦るも、「一休さん」を「百働野郎」と言い換え、この日一番の盛り上がり。文句なしの優勝となった。

後半は気楽なムードでカラオケを楽しみ、ラストに「全部抱きしめて」を観客と一緒に大合唱。最後はこの日のメインであるAの書籍「グル名刺」のサイン会を行った。多くのスターを生で観ることができ、観客も大満足の様子。ファンはぜひ次回開催をお楽しみに。

お笑いナタリーをフォロー