お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「DMM英会話」新CMで矢作&アイクがコント

143

Skypeを使ってオンラインでレッスンを受けられる英会話サービス「DMM英会話」の新CMを、おぎやはぎ矢作が監督。自らも出演した。CMの収録後に、矢作と共演者の超新塾・アイクが感想を語った。

CMは2パターンあり、矢作とアイクが出演するバージョンは、普段2人が遊びでやっているショートコントそのもの。矢作が「英語のショートコントみたいなのを2人で作って遊んでたら、そのまんまでCMやりたいっていう話になって。それがこのCMにつながってほんとにラッキー」と説明すると、アイクが本場の発音で「めちゃめちゃLucky」とCMさながらの掛け合いをしてみせた。

矢作とアイクの付き合いはまだ1年も経っていないということだが、「やっぱりアイクは英語がペラペラなところが面白いんですよね。一緒にいると何か仕込みたくなっちゃう。『外国の人がこういうこと言ったら面白いよ』とか、『これ言って』って言わしたり(笑)」と、どんどん仲よくなったそう。「アイクは表情が面白いんですよ。勘がいいんです」と、CMでもアイクの表情を生かしたシーンを採用している。

アイクは超新塾オーディションで晴れて芸人になって丸3年。おぎやはぎらが出演していたコント番組「リチャードホール」などに憧れて来日したため、今回のCM共演について「ありえないですよ! 憧れてる先輩と一緒にCM出られて、Japanese Dreamですね! CMが始まったら親に報告します」と喜んだ。

制作スタッフは「ゴッドタン」などでおなじみのシオプロと放送作家のオークラと、よく知るメンバーのため、現場はまさにリラックスムード満載。矢作とアイクの絶妙な掛け合いに現場は終始爆笑の連続で、矢作も「こんな楽なCM撮影は初めてです(笑)」と楽しんでいた。

もう1本のCMについて矢作は、「こちらはコントなんですが、もう1本にはちゃんとDMM英会話の情報が入ってます」とヒントも。詳細は後日DMM英会話より発表となる。

お笑いナタリーをフォロー