お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

しずちゃんが5000gで生まれた逸話にどよめき

29

「土曜プレミアム スペシャルドラマ『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』」の完成披露試写会に出席した南海キャンディーズ・しずちゃん(右から2人目)ら。

「土曜プレミアム スペシャルドラマ『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』」の完成披露試写会に出席した南海キャンディーズ・しずちゃん(右から2人目)ら。

「土曜プレミアム スペシャルドラマ『アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子』」(フジテレビ・関西テレビ系)の完成披露試写会が本日8月4日に都内にて行われ、キャストの南海キャンディーズ・しずちゃんらが出席した。

しずちゃんは元プロレスラーの落合里美役を演じる。主役の刑事・八神瑛子(米倉涼子)の幼なじみで瑛子の用心棒を務める役どころだ。試写会の壇上にはしずちゃんと米倉のほか、渡部篤郎、斎藤工、陣内孝則、岩下志麻が登壇。しずちゃんは「そうそうたるメンバー。ここにいていいのかな」と恐縮する反面、「普段は気持ち悪いメガネと一緒にいる」と相方・山里を引き合いに出して笑いを誘う。

元プロレスラーの用心棒という役柄に関して、しずちゃんが「大きな身体で生んでくれた母親に感謝したい。5000グラムで生まれた」と明かすと、客席からはどよめきが。「この役をやるために私は大きく生まれてきたのかな」と適役であることに胸を張った。

ボクシングを得意とするしずちゃんは「最初はアクションシーンで飛び蹴りをやると言われたが、蹴りが全然できないので結果的にタックルになった」と、パンチ以外の打撃技に対する苦手意識を告白。「今後に向けて山ちゃんに蹴りの練習をしていきたい」と前向きに話す。米倉から「しずちゃん、めちゃめちゃかっこよかったですよ!」と演技を褒められた際には、しずちゃんも米倉について「気さくに話してもらえた。そりゃ人気出るわと思った」と評した。

「アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子」は今週8月9日(土)に放送される。

土曜プレミアム スペシャルドラマ「アウトバーン マル暴の女刑事・八神瑛子」

フジテレビ・関西テレビ系 2014年8月9日(土) 21:00 ~ 23:10

お笑いナタリーをフォロー