お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

日本香港合作映画「和田一号」上映、渡辺直美らの撮影秘話

18

渡辺直美が主役を務めた日本と香港の合作映画「和田一号」の上映会が、「第6回沖縄国際映画祭」開催中の沖縄コンベンションセンター・シアター3で昨日3月20日に行われ、上映後の舞台挨拶にキャストが登壇した。

母親が台湾出身のため、小さい頃から何度も台湾に足を運んでいる直美。北京語、広東語が飛び交う撮影現場では、言葉がわからずコミュニケーションを取るのが難しかったという。唯一子供の頃から親しみのある言葉「ダービェン(日本語で大便)」と言っては場を和ましていたと話して笑いを誘った。

そのほか王祖藍(ウォン・チョーラム)が「沖縄はハワイのようなイメージを持っていて暖かいと思ったけど、飛行機から降りた瞬間の豪雨には驚いた」と雨の沖縄の印象を述べたり、2~3カ月間台湾に滞在し言葉を勉強していた池端レイナが、何度も「ニホンゴダイジョーブ?」と聞かれるほど見事な発音だったことなどが撮影中のエピソードとして語られた。

お笑いナタリーをフォロー