お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ナナちゃん凄ワザ変身、ジュニア新番組「続けていきたい」

52

本日3月20日、愛知・名鉄百貨店にて、新番組「超絶 凄ワザ!」(NHK名古屋)取材会が行われ、司会の千原ジュニアが登場した。

同番組では、ある道を極めた2組の技術者や職人が互いの“凄ワザ”で「超絶品質のものづくり」に挑戦し、その完成度を競い対決。4月3日より毎週木曜に全国放送される。これを記念してNHK名古屋局では、名古屋のシンボル的な人形・ナナちゃんへの凄ワザ装飾「凄!ナナちゃん」を製作。凄!ナナちゃんの表面は、ジュニアが番組で超絶品質のものづくりに出会った瞬間に見せる「スゴっ!!」の表情を立体化したもので、背面はNHKのステーションキャラクターどーもくんの立体物となっている。

制作者によると「千原ジュニアさんの顔表情を再現するために、彫の深さ、しわの位置などを調整し何度も型を作り直しました」という力作。この凄!ナナちゃんを見たジュニアはビックリしつつも、「ナナちゃんは、名古屋では有名なんですよね。渋谷のモヤイ像みたいなものなんですよね。本当にありがたいです」と感謝した。

改めて番組の見どころについて聞かれると、「日本を支えている、あまり普段は表に出ない職人さんが時間と頭を使って対決する番組。司会やっているんであまり説得力がないかもしれませんが、本当に面白いです」とコメント。自身の“凄ワザ!”について聞かれると「残念な兄を持った対決ならええとこまで勝負できると思います」と笑わせた。

1回目は「前人未到の“切れ味”を目指せ」と題して、国立印刷局で紙幣を寸分たがわず正確に切る刃物を手掛ける工業用刃物メーカーと、日本刀の製法を受け継ぐ鍛冶職人が登場。ジュニアは「対決で、どっちが優れているのかということもありますが、知らないこともいろいろ教えてもらいました。鍛冶屋の方が二代目で、息子さんが何人かいらっしゃるが後を継ぐ意志がないと聞きましたが、オンエアを見て、『お父さん、こんなかっこいいんだ』と思うと思います。その素晴らしい技術が受け継がれていくきっかけになるんじゃないかと。対決に出ていただいた身内の方にはぜひ見てほしい」と真剣に語った。

最後に「身近なものに、こんな技術が隠されていたんだとか、こんな手間と時間がかけられていたんだ、ということを知ることにもなる。しのぎを削ってやっている各分野のトップの方の対決なので、面白いと思います」とアピール。「この番組を一生懸命やって、長く続けていきたいです」と意気込みを見せた。「凄!ナナちゃん」の展示は25日(火)までとなっているので、ぜひ生で見に行こう。

超絶 凄ワザ!

NHK総合 2014年4月3日(木) 22:55 ~ 23:20
<出演者>
MC:千原ジュニア / 池田伸子アナウンサー

お笑いナタリーをフォロー