お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ヒーローが居酒屋に見参「乾杯戦士 アフターV」宴会会見

161

本日2月25日、東京・NIJYU-MARU秋葉原店にて、ヒーロードラマ「乾杯戦士 アフターV(ファイブ)」宴会会見が行われ、バッファロー吾郎A、ラバーガール飛永が出席した。

同番組で悪の組織と戦っている主人公たちの正式名称は“黄金戦士トレジャーファイブ”。しかしストーリーは彼らが悪の組織と戦いを終えたあとの打ち上げを描くという、一風変わった戦隊モノとなっている。隊員はレッド役が村井良大、ブルー役が加藤和樹、ピンク役が吉川友。Aはイエロー、飛永はグリーンを担当する。

会見が行われた店は、巷で“乾杯戦士 アフターV”と呼ばれてしまうほど宴会ばかりしている彼らが通う居酒屋。出席者は5人と細川徹監督で、宴会らしく来場者にはさまざまな食事のほか、ビールもふるまわれた。まずは1人ずつ自己紹介を兼ねて挨拶したところ、Aは「(飛永と)演技で対立したんですが、カレーが出てきて和みました」と、お得意のユーモアでありもしない俳優っぽいエピソードを披露。本音の部分では、収録で自分だけ年上なことを気にしていたそうで、「Lineのグループに入れてもらって嬉しかった」とはにかんだ。

飛永は、加藤の尊敬する人が江頭2:50と聞いて「意外な面を知った」と親近感がわいた様子。また飛永もカレーを持ち出し「撮影をしていると時間がわからなくなるんですが、カレーで時間がわかります。軍隊みたい(笑)」と、撮影はカレー漬けだったことを明かした。

撮影中のエピソードトークでは、Aが「監督が、こんなどうでもええことに、っていうことを『やりましょやりましょ』ってポンポン入れるのがすごく楽しかった。笑いをこらえながら真面目にやらなきゃいけなくて」と言うと、細川監督から「結構笑ってますよ」とツッコミが。一方、飛永は「ブルーに意外な特技があったり、吉川さんが無茶苦茶なこと言ったり、A先生が盛り上げたり、僕お笑い芸人なのに何もできないなと悲しい気持ちになったり」と告白。さらに、「吉川さんと同じ事務所のアップアップガールズ(仮)が好きなんですけど、それを知った吉川さんが嫉妬して、途中から話しかけてくれなくなった」と訴えた。

また、居酒屋での撮影が多かっただけに、定番のメニューを発表していくと、飛永が「意外かもしれないんですけど、僕は鶏のから揚げ」とボケたところ、俳優陣から「定番ですよ」と和気あいあいあとしたツッコミ。しかしAだけは「僕、イカ刺しかと思ったよ」とかぶせ、2人でニヤニヤしていた。

ドラマには悪の組織の統帥として斉木しげる、その子分としてシソンヌじろうも出演。放送は4月7日(月)よりテレビ埼玉、8日(火)より群馬テレビと三重テレビ、10日(木)よりとちぎテレビ、12日(土)よりチバテレ、13日(日)よりKBS京都にてスタート。tvkとサンテレビも4月からスタート予定となっている。詳しい放送時間は、番組オフィシャルサイトもしくは各テレビ局オフィシャルサイトにて確認を。

お笑いナタリーをフォロー