お笑いナタリー

松本人志「また映画撮りたくなる」トロントで「R100」上映

36

昨日9月13日、映画「R100」 の監督を務める松本人志、キャストの大森南朋と渡部篤郎が「第38回トロント国際映画祭」の舞台挨拶に出席。この舞台挨拶は「R100」が同映画祭の「ミッドナイト・マッドネス(MIDNIGHT MADNESS)部門」に正式出品されたことを受けて行われた。

舞台挨拶の際、観客から9月8日に松本が50歳を迎えたことを祝して「Happy Birithday」が合唱される場面も。松本はカナダの方言を取り入れたコメントなどで観客を喜ばせた。

松本らは観客と一緒に「R100」を鑑賞。上映後は観客からの質問を受け付け、海外での初上映について「みなさんの反応がすばらしいですね! こんな経験をするとまた映画を撮りたくなります」と話す。「相方の浜田さんはこの映画を観てますか?」という問いには「まだ観ていませんが、観ても彼の頭じゃ理解できないでしょうね」と話し笑いを誘った。

お笑いナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【お笑いナタリー】