お笑いナタリー

バカリズム「世にも奇妙」で高橋克実と2人芝居、原作脚本も

362

来月10月6日(土)に放送される「土曜プレミアム『世にも奇妙な物語‘12秋の特別編』」(フジテレビ・関西テレビ系)で、バカリズムが原作・脚本・出演の3役に挑戦。高橋克実と2人芝居を展開する。

この3役を1人で務めるのは、22年間続く「世にも奇妙な物語」シリーズでも史上初のこと。同じくシリーズ初主演となる高橋とともに、升野英知名義で発表された短編小説「来世不動産」を原作に共演する。倒れている1人の男が目を覚まし立ち上がると、そこは周囲に何もない草原。しかし目を凝らしてもう1度あたりを見回すと、ぽつんと1軒の建物が見える。男がその建物のドアを開くと、中には1人の不動産屋の姿が――といった導入だ。

高橋はバカリズムについて「『爆笑レッドカーペット』や単独ライブのネタを見ても、すごく作り込んだ1人芝居のようなネタをやる人。彼と2人で芝居をやれるっていうのは緊張もするし、ワクワクします。作家、脚本家として、俳優としてのバカリズムさんと一緒に作品を作るのはとても楽しみ」と熱く語っている。

大喜利やコントなどで高い評価を受けるバカリズムと俳優・高橋のコラボでどんな作品が仕上がるのか。彼のファンのみならず、ぜひ心待ちにしよう。

バカリズムのコメント

――「世にも奇妙な物語」シリーズ史上初の原作・脚本・出演の3役を務められますが、オファーを受けたときの率直な感想を教えてください。

キタ―! っていう感じでした。僕の中でもなんとなく、ずっと、ぼんやりと「いつかやれたらいいな」という思いがあったので。

――まだ撮影前ですが、見どころはどういうポイントになってくると思いますか?

僕と高橋さんの会話劇なので、コントに近いノリに仕上がると思います。あと、オチがきれいです!

――視聴者へのメッセージをお願いします。

「シリーズ初の原作・脚本・出演」ってスゴくないっすか!? ほめてほしいです!

高橋克実のコメント

――今回の脚本を読まれた感想を教えてください。

「世にも奇妙な物語」シリーズの中では特異な、変わった、面白い作品だなぁ、と思いました。あんまりこういうイメージの作品は他にはないですよね。そして、すごくバカリズムさんっぽい(笑)。

――視聴者にメッセージをお願いいたします。

「世にも奇妙な物語」シリーズは、最後に必ず「うわっ!怖っ!」って鳥肌が立つ、というイメージが僕の中にはあるのですが、今回はそういう感じではないので(笑)。こんなに笑える「世にも奇妙な物語」、今までにないんじゃないかな。芸人さんが脚本を書くというのはシリーズ史上初めてのことなので、ぜひ、ご期待ください。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語‘12秋の特別編」

フジテレビ・関西テレビ系 2012年10月6日(土) 21:00 ~ 23:10
●「来世不動産」
出演:高橋克実 バカリズム
原作:升野英知(バカリズム)「来世不動産」(小学館文庫「東と西2」所載)
脚本:バカリズム
演出:岩田和行
ほか全5作品放送予定

お笑いナタリーをフォロー