お笑いナタリー

今田耕司&ビートたけし、新春ABCで至高のパフォーマンス番組

39

本日11月29日に東京・ニコファーレにて朝日放送とよしもとクリエイティブ・エージェンシーの新企画「KAMIWAZA~神芸~」(ABC・テレビ朝日系)開催発表記者会見が行われた。

これは漫才大会「M-1グランプリ」で10年タッグを組んだ両社が新たに立ち上げたエンターテインメント番組。世界から選抜されたパフォーマー9組と、エントリーから選ばれた“日本国内に眠るこれから世界にうって出ようとする新たな才能”国内チャレンジ枠1組の計10組からナンバー1を決定する。

出場できるのは、観客を魅了し感動させる究極の技を持つパフォーマー。年齢、性別、国籍、プロアマ問わず、大道芸、ダンス、マジック、パントマイム、ボイスパーカッション、アクロバット、ヨーヨー、バルーンアート、影絵、腹話術など、パフォーマンスの種類も問わない。

放送は来年2012年1月8日(日)となっており、司会は今田耕司、番組ゼネラルマネージャーはビートたけしが務める。選ばれた10組は生放送でパフォーマンスを披露し、優勝者にはM-1同様1000万円が贈られる。パフォーマーの応募受付は本日から12月19日まで。選考方法はビデオ審査によるものとなっている。

会見に登場した今田は「『M-1』に続いて司会をやらせていただきます。年末の『M-1』同様、この番組が新年の定番になれば」と挨拶。「世界中のパフォーマーが出たいと思ってるのでは」と期待を寄せた。そしてビートたけしからは「この番組がすごいのはVTRではなく生で見られるということ。1000万円の賞金を目指して世界中から集まったメンバーがしのぎを削っての大パフォーマンス大会なんだから、おいらもワクワクしているよ」とメッセージが到着。番組で共演していた今田は「たけしさん、ほんとにパフォーマー好きですからね。昔番組でも世界のパフォーマーを招くコーナーがあり、とても楽しんでいました」と語った。

会場にはゲストパフォーマーとして、桔梗ブラザーズと矢部亮が登場。それぞれクラブとディアボロを使った見事なジャグリングで、司会の今田をはじめ、集まった一般の観客たちを魅了した。そして彼らパフォーマーに対抗しようと、世界に負けないパフォーマンスを持つと豪語する、もりやすバンバンビガロ、FUJIWARA原西、ペナルティ・ワッキー、品川庄司・庄司、くまだまさし平成ノブシコブシが登場。バランスボールを使ってパフォーマンスを披露しようとしたノブコブ吉村は、ボールの弾力で派手に後頭部から転げ落ちてしまい、あまりの大きな音に今田も「気分が悪くなったらすぐに病院へ」と何度も促した。

たけし&今田コンビが送る至高の神芸とは。番組の詳細や応募要項はオフィシャルサイトで確認を。

お笑いナタリーをフォロー