お笑いナタリー

キングオブコント決勝進出者8組が決定

9月1日、コント日本一を決める大会「オロナミンC キングオブコント2009」の決勝進出者が決定し、東京・赤坂サカス サカス広場 SACAS STAGEにて決勝進出者による記者会見が行われた。

ベテランからアマチュアまで、合計2584組のエントリーの中から決勝まで勝ち上がったのはインパルスサンドウィッチマンしずるジャルジャル天竺鼠東京03モンスターエンジンロッチの8組。

無名の若手の台頭が目立った昨年と比べ、今年はいわゆる“レッドシアター芸人”と呼ばれる人気の若手芸人(しずる、ジャルジャル、ロッチ)が決勝まで勝ち上がった。テレビという貴重な舞台で場数をこなした結果がこの大会にも生きた格好だ。

インパルス、モンスターエンジン、東京03、ジャルジャル、しずるは昨年準決勝で涙を飲んだが、今回晴れて決勝に進出。独創性の高いコントを構築し、実力には定評がある彼らが決勝の舞台でどのようなネタを繰り出すのか注目だ。

昨年から唯一2年連続で決勝進出したのは天竺鼠。大阪の準決勝でもアグレッシブなコントで大爆笑を誘っており、昨年以上に元気なところを見せてくれそうだ。

M-1王者サンドウィッチマンが得意のコントで決勝に進出したのも見どころ。司会のあべこうじから「M-1だけじゃなく、どこまで賞取っちゃうんですか?」と振られた富澤は「取れるものは全部取ろうと思ってます」と自信満々に宣言した。

優勝の自信を見せたサンドウィッチマンと好対照だったのが東京03。「(ここに来れただけで)もう十分ですね」(角田)、「達成感でいっぱい。決勝進出が目標だったのでこれ以上のことは考えてない」(飯塚)、「欲を言うなら決勝進出が決まった余韻を楽しみたかったので、この記者会見が翌日じゃない方がよかった」(豊本)と必要以上に謙虚な姿勢が、会場の笑いを誘っていた。

しずるは「(決勝進出が決まったこと聞いて)ネタじゃなくて2人で抱き合ってしまいました。僕らには同期がたくさんいるんですが、その中でも抜きん出てキングになりたいです」(村上)、「離れたくはないです、村上とは」(池田)と、コンビ愛を強調。ロッチのコカドは「発表で自分たちの名前があってからずっとぼーっとしている。緊張を通り越してます」と戸惑いつつも、「僕らは漫才ができない。コントしかできないのでこの舞台で羽ばたきたいと思います」と意気込みを示した。

モンスターエンジン西森は決勝進出を「むちゃくちゃうれしい」と素直に表現。普段劇場では漫才ばかりの彼らだが、最近は単独ライブなどもあり、コントに力を入れていることを明らかにした。

インパルス板倉と天竺鼠川原は終始ボケ倒し。「同期のロバートが昨年で今年は僕ら。来年はコンマニセンチが出るでしょう」「1000万円取ったら赤と白のボーダーハウスを建てたいですね」(板倉)。「唯一の2年連続決勝と言われるんですが、そんなことはないんですけどね……」「優勝して1000万円取ったら、あとは年を取って死んでいくだけ」「1000万円取ったら西森さんの工場にプレゼントしようと思ってます」(川原)

昨年の決勝戦は、第1段階が準決勝で敗退した芸人たち100人による審査で2組を選出し、第2段階では敗れた6組のファイナリストが優勝者を決めるという独特の審査方法が話題を集めたが、今年は審査方法がリニューアル。決勝進出者8組がそれぞれ2つのネタを披露し、ネタの合計得点が高い芸人が優勝するというシステムに変更された。

決勝戦の審査員は、昨年と同じく準決勝で敗退した芸人たち50組100名。彼らによる無記名の採点で行われる。1回目のネタ順は抽選。2回目のネタ順は1回目の得点が低い順番に行う。1回のネタにつき、持ち点1人10点の計1000点満点で採点。2回の合計2000点満点のうちもっとも得点が高かった芸人が優勝となる。このシステム変更がどのような結果をもたらすかにも注目だ。

会見では抽選が行われ、決勝1本目のネタ順が下記のように決定した。

1. 東京03(プロダクション人力舎)
2. ジャルジャル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
3. モンスターエンジン(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
4. ロッチ(ワタナベエンターテインメント)
5. 天竺鼠(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
6. しずる(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
7. サンドウィッチマン(フラットファイヴ)
8. インパルス(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

決勝戦は9月22日(火)に開催。TBS系列全国ネットで19時55分から22時48分まで、ダウンタウン司会のもと生放送される。最強コント師たちの熱い戦いをその目に焼き付けよう。

お笑いナタリーをフォロー