お笑いナタリー

鳥居みゆき、全身タトゥーのタンクトップ姿で都内を巡回

678

「ブラインドスポット タトゥーの女」のPR活動を行った鳥居みゆき。

「ブラインドスポット タトゥーの女」のPR活動を行った鳥居みゆき。

本日4月4日、鳥居みゆきが海外ドラマ「ブラインドスポット タトゥーの女」のPR活動を都内の街頭で実施した。

このドラマは昨年9月にアメリカで放送開始されたクライムサスペンスで、主人公はジェイミー・アレクサンダー演じる、全身を暗号のようなタトゥーで埋め尽くされた記憶喪失の女性。彼女に刻まれたタトゥーの謎を中心にストーリーが展開される。

鳥居は、同ドラマが5月21日(土)にWOWOWプライムでもスタートすることを宣伝すべく、全身にタトゥーを模したボディペイントを施した。そして本日の朝7時頃から正午過ぎにかけて、新橋、晴海ふ頭、原宿にタンクトップ姿で出現。道行く人々の写真撮影などに応じながら、しっかりと作品をアピールした。

PRを終えた鳥居はその後、都内のスタジオで行われた囲み取材に出席。街頭で出会った人々について「みんな優しかった! 原宿にいる人なんて砂かけたり、石投げたり、生卵をぶつけてきたりみたいな思い込みがあったんですけど、そんな人いないですよ」とコメントする。一方で「原宿は私より奇抜な人が多かったからあんま目立てなかった」と苦笑いも浮かべていた。

また鳥居は全身のタトゥーについて「前にタトゥーを入れたいって事務所に言ったことあったんですよ。そしたらダメって言われて。だから今回、全身にタトゥー入れられるなんて本望です」と満足げ。PRに向けて、1カ月前から体も絞っていたそうで「ジャイアント白田さんがショートケーキ68個食べる動画ばっかり見てました」と独自のダイエット法を明かした。

「ブラインドスポット タトゥーの女」について鳥居は「すごく面白いんですよ! ドハマりしました」と太鼓判。作品を「謎解きなんですけど、結構早く謎が解けるんです。(展開が)早いの!」と語り、さらに「ナイツみたいなんですよ。ボケ数が多いみたいな」と例えていた。

また鳥居は、作品の魅力について「家族の繋がりとかも深く関係してくるのがいい」とも述べる。そして「旦那に『子供欲しいな』みたいなことをほのめかすようになったんです。ちょっと母性に目覚めて。でもね、その日から旦那が帰り遅くなりました」とプライベートでのエピソードを披露し、取材陣の笑いを誘っていた。

お笑いナタリーをフォロー