お笑いナタリー

バカリズムが単発ドラマで脚本、竹内結子ら女優たちのパラレルワールド描く

197

今月6月23日(火)に単発ドラマ「かもしれない女優たち」(フジテレビ系)が放送され、脚本をバカリズムが手掛けていることがわかった。このドラマでは、竹内結子、真木よう子、水川あさみが同姓同名の本人役で共演し、「3人がもし売れていなかったら」というテーマのもとでパラレルワールドが展開される。

バカリズムは昨年2014年に「素敵な選TAXI」(関西テレビ・フジテレビ系)で初めて連続ドラマの脚本を手掛けて話題を呼んだ。この「かもしれない女優たち」では、女優3名から聞いた人生経験やエピソードなどを自身の創作と融合させる。彼女たちがターニングポイントで違う道を選んでいたら、果たしてどんな人生を送っていたのか。バカリズムが紡ぐ画期的な作品にぜひ期待しよう。

かもしれない女優たち

フジテレビ系 2015年6月23日(火)22:00~23:24
脚本:バカリズム
<出演者>
竹内結子役:竹内結子
真木よう子役:真木よう子
水川あさみ役:水川あさみ

お笑いナタリーをフォロー