お笑いナタリー

ネプ名倉、タイ料理の広報大使に就任「この顔でよかった」

780

本日10月30日、タイ国政府貿易センター大阪主催の「TRY!THAI SELECT(タイ・セレクト)キャンペーン」記者発表会が都内にて行われ、ネプチューン名倉が出席した。

「タイ・セレクト」はタイ国商務省による厳しい審査をクリアしたタイ料理レストランのみに与えられるロゴマーク。2006年に制定され、シェフの経験やサービス、品質管理などの条件をクリアした店舗のみが認定されてきた。本キャンペーンは明後日11月1日にスタートするもので、全国の認定店の利用者にタイ旅行などの商品が抽選で当たる。自他ともに認める東南アジア系の容姿を持つ名倉は、このたび本キャンペーンを周知する「タイ・セレクト広報大使」に就任した。

タイの民族衣装に身を包んで姿を見せた名倉は「サワディー・クラップ(こんにちは)」と手を合わせて挨拶。「出身地の姫路より先に、タイのほうからお声がかかった」と笑顔を見せたほか「芸能界で就任できるのは俺しかいないでしょう?」と広報大使のポジションに早くもプライドを覗かせる。タイふうの焼きそば・パッタイなどのタイ料理を試食した場面では、「アロイ(おいしい)」とついタイ語で感想を漏らしてしまった名倉。「タイ料理を食べて、よりタイ人らしくなっていきたい」と今後の抱負を語った。

イベント終了後の囲み取材会でも、名倉は「生まれた頃は色白でヨーロッパ系だったが、中高生で中東系になって、20歳くらいで東南アジアに落ち着いた」と自らの容姿のインターナショナルな変遷を解説。本キャンペーンのポスターでは満面の笑みを浮かべており、「タイの文字と俺の顔がこんなに合うとは思わなかった。この顔でよかった」と最後まで誇らしげな様子だった。

お笑いナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】