音楽ナタリー Power Push - 沖野俊太郎×小山田圭吾

「またバンドやろう」盟友2人の語らい

元Venus Peterの沖野俊太郎が、Shuntaro Okino名義で約15年ぶりとなるソロアルバム「F-A-R」をリリースした。

セルフプロデュースでレコーディングされた全14曲で構成の今作は、沖野のルーツも詰め込んだこだわりの1作。開放感のあるサウンドも魅力で、現在の彼の前向きなモードを感じることができる。

なお沖野は今後、リミックス作品をリリース予定とのことで、その中には小山田圭吾が手がけるアルバム収録曲「この夜にさよなら[kono yoru ni sayonara]」のリミックス音源が収められるという。これを記念して音楽ナタリーでは、かつて沖野とともにvelludoとして活動し、現在も沖野と付き合いのある小山田を迎えての対談を企画。出会いから、お互いの音楽に対する思い、そしてこれからについてじっくり語ってもらった。

なお小山田の手がけたリミックス音源は追ってリリース予定だが、現在沖野の期間限定Twitterアカウント(@FAR_OKISHUN)ではアルバムのリリースにあわせてフォロワーにこの音源を公開する施策を行っている。ファンは2人の対談とあわせてこちらもぜひチェックしてほしい。

取材・文 / 土屋恵介 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

沖野から持ちかけた「一緒にバンドやろう」

──まずは、お2人が出会ったときの話から聞かせてもらえますか?

左から沖野俊太郎、小山田圭吾。

小山田 出会いは、井上由紀子(元フリッパーズ・ギター。現在は雑誌「nero」編集長)さんの家だよね。

沖野 そうそう。俺が原宿かどこか歩いてたら、井上さんが急に「一緒にバンドやりませんか」って話しかけてきたのね。あの人のパワーはすごいから「この人といたら、何かあるのかな」と思ってついていったんだよ(笑)。俺、当時ほかにもバンドはやってたんだけどね。

小山田 モッズバンドのShoutだよね。

沖野 そう。そこから、井上さんのバンドのギターとしてメンバーになったのね。もう1人、太田くんって人も入ってきたんだけど。

小山田 で、太田くんは、僕とも知り合いだったの。太田くんが別の高校のハードコアバンドのベースをやってて、僕は自分の学校のパンクバンドを手伝ってて。その辺の高校生が集まって、ジャムスタ(新宿JAM)でライブやったときの対バン相手だった。

沖野 そうそう。俺が井上さん家に呼ばれて行ったら、太田くんもいて。井上さんが読んでた「ポパイ」の街角スナップに小山田くんが出てて、「私、ボーカル、この子がいい」って言ったのね。そしたら太田くんが「知ってるよ」って。

小山田 で、いきなり太田くんから電話がかかってきて、「バンドやろうよ」って言われたんだよ(笑)。僕は、高校卒業してセツ(・モードセミナー)は行ってたけどバンドはやってなかったから、断る理由もなくて。でも、「どうなんだろう」って思って井上さん家に行ったら沖野くんがいたの。

沖野 俺が20歳で、小山田くんが18歳くらいだよね。

──そこから沖野さんがボーカル、小山田さんがギターという編成のvelludoは、どうやって結成されたんですか?

小山田 実は井上さんに「バンドやろう」って話をされたんだけど、僕も沖野くんもそんなにピンとこなくて。

沖野 当時、井上さんは、プラスチックスとかテクノポップ系の音楽が好きだったんだよね。

小山田 そうそう。でも僕はその頃UKインディとか聴いてたから、ちょっと違うなって。でも沖野くんとは話が合ったのね。そのとき、沖野くんがThe Doorsの「Break On Through (To the Other Side)」を、打ち込みでカバーしたテープを聴かせてくれて、カッコいいなと思って。

沖野 逆に俺はUKインディとか知らなかったの。1960年代のThe Velvet Underground、The Doors、The Beatles、The Rolling Stonesとかが好きで。Echo & the Bunnymenくらいは知ってたけど、UKのインディバンドは小山田くんに教わったんだよね。

小山田 音楽の話も合うし、沖野くんから「一緒にバンドやろう」って言われたのをきっかけにvelludoをやることになったんです。

velludoは反応ゼロ

──velludoは「Self Love Portrait」というシングルを1枚出してますよね。

沖野俊太郎

沖野 たまたま、俺の友達の彼氏がインディレーベルをやってて。

小山田 それで「音源出すか」っていきなりレコーディングしたんだよね。

──結成してすぐのことですか?

小山田 うん。あとvelludoは自分たちでライブのブッキングはしてなかったよね。ほぼレーベルのイベントにしか出てなかったし。そもそもvelludoってライブ何回やった?

沖野 少ないよ。3回くらいじゃない?

小山田 いや、6回くらいはやったでしょ(笑)。ブッキングがレーベルの人だったから、対バンがうちらと全然違うタイプのバンドばっかりで。まだバンドブームの名残りもあったし、サイコビリーのバンドとやったり。

──80年代後半って全然違うジャンルのアーティスト同士の対バンイベントが多かったですよね。

小山田 そうそう。だから、全然対バンと仲よくなったりしてないよね。

沖野 うん。今はあまり考えらんないだろうけど、そういう時代だったよね。

小山田 だからライブやっても、うちらを観に来る人はほとんどいないし、お客さんも全部で10~20人くらい。曲をやってもシーンってなんのリアクションもなくて(笑)。

沖野 反応ゼロ(笑)。今、思い出したけど、ライブの前に俺が小山田くん家のポストに頭ぶつけて、すげえ血が出て何針も縫ったことがあったんだよ。唯一YouTubeに上がってるvelludoの映像があるんだけど、俺が帽子かぶってるのはそのせいで。あれはシャレになんなかった(笑)。

Shuntaro Okino ニューアルバム「F-A-R」/ 2015年11月11日発売 / 2700円 / INDIAN SUMMER / ISCD-0004
ニューアルバム「F-A-R」
収録曲
  1. 声はパワー [koe wa power]
  2. The Light
  3. この夜にさよなら[kono yoru ni sayonara]
  4. We Are Stories
  5. The Love Sick (album edit)
  6. Swayed
  7. Summer Rain
  8. Welcome To My World
  9. CPU Song
  10. Daydream Of You
  11. Moon River No.1
  12. I'm Alright, Are You Okay
  13. When Tomorrow Ends
  14. Mood Two
アルバム「F-A-R」発売記念企画

11月11~26日の期間限定で、アルバム「F-A-R」の収録曲「この夜にさよなら[kono yoru ni sayonara]」の小山田圭吾リミックスバージョンが聴けるTwitterキャンペーンを実施中。

  1. 期間限定Twitterアカウント「@FAR_OKISHUN」をフォロー。
  2. @FAR_OKISHUN」のつぶやきをRTする。
  3. 後日、RTした方全員に、「@FAR_OKISHUN」から「この夜にさよなら[kono yoru ni sayonara]」のリミックスバージョンが聴ける試聴URLがTwitterのダイレクトメッセージで届きます。
沖野俊太郎(オキノシュンタロウ)
沖野俊太郎

1967年東京生まれ。学生時代からバンド活動を始め、1988年に小山田圭吾とvelludoを結成する。レコードデビューを果たすも、沖野が渡米したためバンドは解散。その後ロンドンに滞在したのち、1990年にVenus Peterに加入しボーカル兼ギターとして活躍する。1994年にVenus Peterが解散したあとはソロに転向し、2000年よりソロユニットIndianRope名義での活動も展開。ほかのアーティストへの楽曲提供や、アニメのテーマ曲や挿入歌も手がける。2005年に1年限定でVenus Peterを再結成し、2006年9月にアルバム「Crystalized」を発表している。多角的な活動を行う中、2015年11月にソロとしては約15年ぶりとなるアルバム「F-A-R」をリリース。

Cornelius(コーネリアス)
Cornelius

小山田圭吾によるソロユニット。1991年のフリッパーズ・ギター解散後、1993年からCornelius名義で音楽活動を開始する。アルバム「THE FIRST QUESTION AWARD」「69/96」は大ヒットを記録し、当時の渋谷系ムーブメントをリードする存在に。1997年の3rdアルバム「FANTASMA」、続く4thアルバム「POINT」は世界21カ国でリリースされ、バンドThe Cornelius Groupを率いてワールドツアーを行うなどグローバルな活動を展開。2006年のアルバム「Sensuous」発売に伴う映像作品集「Sensurround + B-sides」は米国「第51回グラミー賞」最優秀サラウンド・サウンド・アルバム賞にノミネートされた。現在、自身の活動以外にも国内外多数のアーティストとのコラボレーションやリミックス、プロデュースなど幅広いフィールドで活動を続けている。2015年8月には、近年手がけた楽曲を自身のセレクトで厳選収録した編集盤「Constellations Of Music」をリリース。