ナタリー PowerPush - V.A.「なめこのCD2」

福原遥×YUKA(moumoon)×野水伊織 なめこラバーズ座談会

子供から大人まで幅広い世代に大ヒット中のゲームアプリ「おさわり探偵 なめこ栽培キット」。その愛されキャラクター“なめこ”の公式ソングコンピレーションアルバムの第2弾「なめこのCD2」が発売された。

芸能人やアーティストにも熱烈なファンが多いなめこだが、今回はアルバムのリリースを記念して同作に参加した福原遥、YUKA(moumoon)、野水伊織による座談会を企画。収録曲の印象やエピソードはもちろん、3人の“なめこ愛”にあふれる熱いトークをお届けする。

取材・文 / 川倉由起子 撮影 / 福岡諒祠

 
mixiチェック

なめこを抜いて収穫するのが超楽しい!

──今日は大のなめこ好きアーティストの皆さんに集まっていただきました。まずは、それぞれなめこにハマったきっかけから教えてもらえますか?

左から野水伊織、福原遥、YUKA(moumoon)。

福原遥 私はまず学校ですごい流行ってて。初めてスマホを持ったときもすぐアプリをダウンロードして遊んだし、今は友達もみんななめこのストラップをスクールバッグに付けてたり、すごい人気です!

YUKA 私は「何か面白いアプリないかなー」ってたまたま探してたときになめこを見つけて。以前はプロフィールにも書いてたくらい好きです。もともと、きのこの名前を覚えるのが趣味なんですよ。山に登って、きのこを探し歩くことが小さい頃から好きで(笑)。だから「なめこ栽培キット」を見つけたときも運命的なものも感じつつ(笑)、速攻ダウンロード。で、やり始めたら止まらなくなってしまいました。かわいいなめこに癒されるし、中毒性もあるし……すごいゲームですよね。

野水伊織 私は「おさわり探偵 小沢里奈」(「なめこ栽培キット」のなめこが登場する原作アドベンチャーゲーム)のときからなめこの存在を知ってて。でも当時はまだガラケーだったので、人のiPadを借りてアプリをやらせてもらってたんです。そしたら、めっちゃ楽しい!と思って。その後、自分でiPod touchを買ったときに速攻ダウンロードしてハマっちゃいました。

──なめこの面白さはどんなところですか?

野水 基本的なところだと、なめこを抜いて収穫するのが超楽しいです!

福原 (なめこを)抜くときの音が気持ちいいんですよねー。私はその瞬間の「んふんふ」って音が本当に好きで、それを聞きたいがために音をめっちゃ大きくしてます(笑)。

YUKA 私はスマホを見たときにまず開くのがなめこ。で、さっき栄養を与えといたものがワサーッて生えてたりするとテンションはMAX! ちょっとしか生えてなくても、それもまたニクいなって思います(笑)。あとは……新しいなめこが出てきたときの感動といったらもう!!(興奮) 1個1個のキャラクター設定もまたニクくて、コレクションしたくなるんですよね。

野水 図鑑の説明もホント面白いです。

YUKA これ考えてる人すごいなーって思いますよね。

フィギュアを置きすぎて“玄関原木”に

──この機会に、なめこの○○について語りたい!というテーマはありますか?

YUKA 私、枯らしてしまったときの気持ちが知りたいです。

野水伊織

野水 あー、それなんかわかります(笑)。私は予定より仕事が長引いてスマホを見たらすでに枯れてた……ってときに「いったい何なめこだったんだろう?」ってすごい気になります。あと、単純に切ない(笑)。

福原 カビが生えたりしますよね?

YUKA そう。それを見ると本当に悲しくなって、「もっと愛してあげて」っていう文字にも罪悪感が湧いてきます。

野水 赤カビが生えてたりすると、ショック大きいですよね(笑)。

──福原さんと野水さんは何かありますか?

福原 皆さんがどんななめこグッズを持ってるのか知りたいです。私は白ウサギなめこが大好きで、その定期ケースをスクールバッグに付けてるんですが、モコモコしててかわいくて大好き!

YUKA 私はストラップを持ってます。あとファンの方が私のなめこ好きを知ってグッズをプレゼントしてくださったり……っていうのもありますね。

野水 私もなめこの帽子をかぶった写真をTwitterのアイコンにしてたら、ファンの皆さんが「○○で買ってきました!」みたいにご当地なめこを送ってくださるようになって。今まさにご当地なめこを集めてるので、それが本当にありがたいです(笑)。

YUKA 私も3月からツアーがあるので、各地で買って回ろうかな?

野水 ぜひ集めましょう!(笑) あと私は自分でももちろんグッズを集めまくってて、まず玄関に大量のフィギュアを陳列。で、“玄関原木”って呼んだりとか(笑)。

YUKA福原 アハハハ!(笑) すごい!

福原 私は文房具も集めてます。しかもどんどん新しいグッズが増えていくから、うれしくてたくさん集めたくなっちゃう。種類も本当に多いんですよ。

街で気付かれると「なめこの人だ!」って

──昨年7月にはなめこ好きのアーティストが参加した公式ソングコンピ「なめこのCD」が発売されました(参照:んふんふ!なめこコンピにヒャダイン、ナイトメア柩ら参加)。後にシングルカットされた福原さん歌唱の「なめこのうた」(参照:YouTube再生680万回!「なめこのうた」DVD付シングル化)は、発表後どんな反響があったんですか?

福原遥

福原 それまでは「まいんちゃん」(※現在は放送終了のテレビ番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」より)って呼ばれることが多かったんですが、今は街で気付かれると「なめこの人だ!」って(笑)。友達が「なめこ聴いたよ」って言ってくれたり、なめこのダンスをみんなで覚えて学校で踊ったこともあります。

──そもそも去年、最初にこのお話を聞いたときはどんな気持ちだったんですか?

福原 その前からハマっていたので、「え!? あのなめこですか?」ってビックリしました。信じられなかったし、うれしかったです。

──福原さんは今年の夏、「『なめこのうた」夏休み!! 全国ダンスレッスンツアー♪」と題して全国各地のイベントにも出演(参照:福原遥、夏休みツアーファイナルでお台場になめこ大増殖)。ダンスのレクチャーをしたり、ライブをしたり、大盛況だったそうですね。

福原 はい。すっごく楽しかったです。子供から大人までたくさんの方が来てくださって、子供たちが必死に踊ったり、なめこの人形にギューッて抱き付く姿が本当にかわいくて。なめこを通じて全国の方と触れ合えた、素敵な夏休みになりました。

──YUKAさんと野水さんは、今回発売のコンピ第2弾「なめこのCD2」から参加。最初にお話を聞いたときはいかがしたか?

YUKA(moumoon)

YUKA 私はスタッフさんから「なめこの歌、歌う? お話が来てるよ」って言われたときに「やります! むしろ、やらせていただけるんですか!?」って(笑)。去年のCDの存在も知ってて、いつかは私も音楽でなめことつながれたら……と思っていたので、ものすごくうれしかったです。大げさかもしれないけど、ひとつの夢が叶ったなって感じでした。

──YUKAさんのなめこ好きが、回り回って関係者の耳に入ったんですかね?

YUKA ひたすら好きだって周りのスタッフさんに言いまくってたので(笑)、それが人づてに伝わったのかもしれないです。

──一方の野水さんは?

野水 私はレコード会社の方から「お前が喜ぶ話がある。なめこの歌の話が来たぞ」って言われたときに本気で泣きました。で、「絶対断らないでください! 絶対歌いたいです!」って。私の場合も、Twitterになめこの話をよくつぶやいていたので、「あの人、なめこ好きらしいよー」って関係者の耳に伝わったみたいです(笑)。

V.A.「なめこのうた2」/ 2013年12月18日発売 / 2310円 / んふんふレコード / NFNF-0004~6
2310円 / NFNF-0004~6
収録曲
  1. ぴょんぴょんぴょん / 福原遥
  2. いとしのせんぱい / YUKA from moumoon
  3. なめこのうた(地獄のなめこのうた) / デーモン閣下
  4. みんな王様 / 奥華子
  5. んふんふ音頭 / ジェロ
  6. GOLDY PYRAMID / スギちゃん
  7. んふっとメリークリスマス! / THE ポッシボー
  8. 星になりたい / YMCK
  9. あやかし百菌夜行 / 黒崎眞弥(己龍)
  10. 幸せのんふふ / アヤ with かせきさいだぁ
  11. Bon appetit ~めしあがれ♪~ / 野水伊織
  12. Soup is Like a Lake / YeYe
  13. エリーに首ったけ / ぼすとんず(アニメDVD「なめこ家の一族」エンディング曲)
初回生産特典
  • 「なめこのうた クリスマスver.」リミックスCD
  • 「なめこのCD」ハンカチタオル
V.A.「なめこのうた」/ 2012年7月11日発売 / 2000円 / んふんふレコード / NFNF-0001
2000円 / NFNF-0001
左からYUKA(moumoon)、福原遥、野水伊織。
中央:福原遥(ふくはらはるか)

1998年8月生まれ、埼玉県出身のファッションモデル、タレント。小学1年生より子役として活躍し、2009年3月から2013年3月までNHK Eテレの子供料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」の主役・柊まいん役を演じて人気を博す。2012年からはファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルを務めている。同年、コンピレーションアルバム「なめこのCD」にて「なめこのうた」を歌唱し、2013年2月にDVD付きシングルとしても発売された。

左:YUKA(moumoon)(ゆか)

男女ユニットmoumoonのボーカル。KOUSUKE MASAKIとともに2005年にmoumoonを結成。2007年8月にミニアルバム「love me?」でメジャーデビューを果たした。2010年5月にリリースした「Sunshine Girl」が資生堂「アネッサ」CMソングに起用され、ユニットの名前を全国的に広めるきっかけに。その後も2011年夏に資生堂「マキアージュ」のCMソングに起用された「Chu Chu」など、キュートかつガーリーな楽曲を次々と発表。2014年1月には5枚目のフルアルバム「LOVE before we DIE」をリリースし、3月から全国ツアーを開催する。

右:野水伊織(のみずいおり)

声優。「野水いおり」名義で歌手活動も行っている。学生時代から地元北海道のCMやラジオなどに出演し、2010年にアニメ「そらのおとしもの」のニンフ役で声優デビュー。2011年1月には自身がヒロイン・ハルナ役を演じるアニメ「これはゾンビですか?」のオープニングテーマをリリースする。同年10月に初のミニアルバム「月虹カタン」、2012年には2ndシングル「*** パショナート」を発表。2013年は初のワンマンライブを成功させ、8月に1stフルアルバム「Hat Trick」をリリースした。