お笑いナタリー Power Push - 「ずっと引っかかってました。~ヒロミ&ジュニア 心のとげぬき屋~」

ヒロミ&千原ジュニア バラエティ特番で強力タッグ

都内のスタジオで行われた番組収録後、ヒロミと千原ジュニアがインタビュー取材に応じた。2人の若手時代には、やんちゃなヒロミと“ジャックナイフ”のジュニアといった共通点を見出すことができ、収録中もその点について言及されている。2人が揃ったこの機会に、若手時代のエピソードやお互いの印象などを語ってもらった。共鳴するヒロミとジュニアの掛け合いを楽しんでほしい。

わざとイメージにハンデを付けていた

──お2人はそれぞれ、どのような思いで若手時代を過ごしていたのでしょうか?

(左から)千原ジュニア、ヒロミ。

ヒロミ いろんなタイプがいると思うんですよ。テレビに出て、番組でネタをやって、というタイプとか。僕は若いうちから「最終的に司会をやりたいなあ」と思ってやっていました。

──司会というポジションを目指す上で、やんちゃなイメージはプラスになりましたか?

ヒロミ 当時はそれでなんとなく仕事もありましたし、うまいこといったな、とは思います。

──ジュニアさんのいわゆる“ジャックナイフ”と呼ばれる時代も、トガッたイメージでした。

千原ジュニア 東京と大阪の違いもあると思うんですけど、僕らの頃は、とりあえずネタしかなかったんです。ネタを作って、今でいう「M-1グランプリ」や「キングオブコント」のちっちゃい感じのことを毎週劇場でやっていました。「誰が一番オモロいんか決めようや!」みたいな。そんなときの根拠なき自信が、そういうイメージとして現われたんでしょうね。

──若い頃に身にまとっていたイメージが原因で、何か困ったことはありましたか?

ヒロミ 僕はありますよ。若い頃は怖いと思われがちでした。「うるせーヤツだな」とか「扱いづれーな」とか。ただ、自分でもわざと扱いづらくしていた、みたいなところもありました。

──それはなぜでしょうか?

ヒロミ

ヒロミ 芸人さんには、ちょっとある技なんですよ。「わざと自分からハンデを付ける」というか。マイナスから入って、どうにかプラスに持っていく。今の子たちにはないと思うんですけど、このへんの世代までは、みんなあるんですよ。

ジュニア なんかこう、「鉄下駄を履いて普通に生活する」みたいな。

──なるほど(笑)。

ヒロミ 自分に“かせ”を与えているんですよ。ハンデを背負っても、仕事が終わったときに「面白かった! ありがとうございます!」って言われればいい。「嫌い」から「好き」になると、振り幅がデカいじゃん?

──たしかにそうですね。

ヒロミ ただ、こういうのって失敗すると大変なことになるけど(笑)。

──ジュニアさんも同じような思いでしたか?

ジュニア 僕なんか特にそうでしたけど、当時はそういう空気だったんじゃないですか? 懐かしのVTRを今になって観たら、こぞって全員目つきが悪い(笑)。

千原兄弟を寄せつけなかったヒロミ

──ヒロミさんとジュニアさんは、互いのことを芸人としてどのようにご覧になっていましたか?

ヒロミ 僕は「大阪に、若いので千原兄弟なんてのがいるんだぞ」って言われたけど、東京だと見ることがなかった。千原兄弟が東京に出てくるときは、バラエティ班の中では、みんな話していましたよ。大阪から東京に出てくるって、たいていそれなりのヤツらだから。

──評判でしたか?

ヒロミ そう、評判で。でも、その当時は余裕を持って「千原兄弟って面白いんだな」っていう見方をしていたわけじゃなくて、「お前ら、こっちには来させないよ」くらいだから(笑)。

ジュニア そうですよね。

ヒロミ まだ30代のバリバリのときで、「ハイハイ、ご苦労さん」とか、そんなレベルですよ。イヤな感じだったと思うよ(笑)。

──逆にジュニアさんはヒロミさんのことを、どのようにご覧になっていましたか?

千原ジュニア

ジュニア 僕らはテレビで出てきはったのを観て、大阪の先輩とはまったく違っていたので「シャレてはるなー。都会的やなー」っていう感じでした。

──どのあたりを見て、そう感じられたんでしょうか?

ジュニア 空気感が一番デカいですかね。ファッションもそうやし。

──共演する機会は若手の頃から多かったのでしょうか?

ヒロミ 若いときも会っていると思いますけど、特にここ何年、ジュニアとの共演はすごく多いですよ。僕が(芸能活動に)戻ってきたときにジュニアたちが全盛でやっていたから、そこに入れてもらった感じです。その前は会ったとしても、お互いにがんばっちゃってるときだったね。

──30代のバリバリの頃のような気持ちは、今でもありますか?

ヒロミ 昔のような変な気持ちは、いい意味で全然ないです。歳もあるとは思いますけど。だからすごく楽ですよ。

──ジュニアさんが、ヒロミさんにライバル心を抱くことは?

ジュニア まったくないです(笑)。

(左から)千原ジュニア、ヒロミ。

──では最後に、ここまで「自分からイメージにハンデを付けていた」とお伺いしてきましたが、同じことを現在の若手にもオススメしますか?

ヒロミ 今は難しい時代だから、トガッちゃってると出てこられないパターンがありますよね。でも、ところどころで「もうちょっとトガッてもいいのになー」と思ったりもします。

ジュニア 僕も、時代が違うのでオススメはしないです。今は“クリーミー”が一番じゃないですか?(笑) まろやかなのがいいと思います。

「ずっと引っかかってました。~ヒロミ&ジュニア 心のとげぬき屋~」中京テレビ・日本テレビ系 / 2016年4月12日(火)24:29~25:24
ずっと引っかかってました。~ヒロミ&ジュニア 心のとげぬき屋~:中京テレビ
出演者

MC:ヒロミ / 千原ジュニア

ゲスト:テリー伊藤 / 若槻千夏 / 前園真聖 / トレンディエンジェル

左から千原ジュニア、ヒロミ
右 / ヒロミ

1965年2月13日生まれ。東京都出身。1986年にミスターちん、デビット伊東らとB21スペシャルを結成。

左 / 千原ジュニア(チハラジュニア)

1974年3月30日生まれ。京都府出身。1989年に実兄・せいじと千原兄弟を結成。