お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

石田&片桐が衣装談義「スピリチュアルな1日」公開稽古

115

昨日5月31日、NON STYLE石田、片桐仁出演の舞台「スピリチュアルな1日」の公開稽古が行われた。

同舞台は昨年2011年に東京・紀伊國屋サザンシアターにて初演。今年2012年6月からは全国3カ所で再演され、片桐はこの公演が初参加となる。石田はテレビディレクター役、片桐は胡散臭い霊脳カウンセラー役。物語は、不思議な現象が起こる部屋で近隣住民や本物の幽霊に振り回される、笑って泣けるファンタジックコメディとなっている。

稽古ではまず、ディレクターの石田が霊能力者の片桐を部屋に呼び、テレビのロケ撮影をする場面を練習。個性的な役者陣に囲まれた片桐は、怪しさたっぷりの霊能力者を演じ周囲をクスリと笑わせていた。続く、石田と須藤理彩の回想シーンでは、石田がカメラの蓋をつけたまま須藤を撮る演技をし始め、須藤からいきなり「蓋開いてないけど」とツッコミ。気を取り直して、2人が今後について話し合う重要なシーンでは、石田がどんどんボケて須藤を笑わせにかかる場面も。須藤もこらえ切れず、練習が終了すると同時に石田を怒っていた。

その後行われた会見で、石田は「前回東日本大震災があり、余震の不安の中やったので、毎公演打ち上げしてました。5回だけで終わるのはもったいないと思って、みんなで再演やろうって言ってたんです。決まって本当に嬉しい」と言うと同時に「最終公演で勝手に再演と言ってすみません」と謝罪。須藤から「本当に引くほど号泣だったよね」と言われ「僕、情緒不安定なんで、すみません。でもスタッフさんとかともやりたいって言ってたんですよ。言えるのが僕だったってだけで」と言い訳していた。今回初参加の片桐は「すでに完成している役なので、もし迷惑かけちゃったとしても、受け止めてもらえるだろうと。ただ、いきなりみんな台本を置いて練習をし始めたので地獄でした……。でものびのびやらせてもらってます」とコメント。石田は片桐の印象について「イメージよりガタイがしっかりしてるんですよ。細いかと思ってた」と語ると、「肩があるんです。あとお腹がぽっこり」と和気藹々としたトークに。続けて石田が「プライベートの服がチカチカしている」と言うと、片桐は「柄がないと不安なんです。無地が怖い。この衣装もギリギリですね。緑の部分が紺だったらやばい」と説明。石田の舞台衣装である全身白のコーディネートに関しては「白なんて怖い怖い!」と全力で拒否していた。

また石田は今回意中の女性が観に来る予定ということで、「テンション上がってキメキメでダメになるパターン」と今から自戒。すると須藤が「去年は大変だったよね。稽古中に婚約破棄で」と苦笑し、石田がライブでもよくネタにしていた指輪の話などで盛り上がった。しかし石田は「最近逆ナンされたんです」と自慢。「38歳、バツイチ、子持ちのトラック運転手の女性に『いつでも相談してきな』って電話番号渡された」と言うと、片桐は「それナンパ?」と首をかしげた。

最後に石田は「元気が出る作品なのでぜひ観にきてください」と自信たっぷりにアピール。練習で須藤を笑わせたシーンでは、公演ごとに別のセリフを用意しているとのことなので、ファンはお楽しみに。公演の詳細はオフィシャルサイトで確認を。

「スピリチュアルな1日」

●東京公演
日時:2012年6月13日(水) ~ 24日(日)
会場:東京・池袋あうるすぽっと
●大阪公演
2012年6月29日(金) ~ 7月1日(日)
大阪・ABCホール
●仙台公演
2012年7月7日(土)・8日(日)
会場:宮城・青年文化センターシアターホール

出演:石田明(NON STYLE) / 須藤理彩 / 片桐仁 / 吉本菜穂子 / 諏訪雅(ヨーロッパ企画) / 猪塚健太 / 今井隆文 / 栁澤貴彦
脚本:小峯裕之
演出:板垣恭一
料金:5500円
問合せ:アミューズチアリングハウス 03-5457-3476(平日15:00~18:30)

お笑いナタリーをフォロー