マンボウやしろ初小説「あの頃な」25編のショートショート収録

3

452

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 70 291
  • 91 シェア

マンボウやしろこと家城啓之にとって初となる小説「あの頃な」(角川春樹事務所)が2月15日に発売される。

マンボウやしろ著「あの頃な」表紙

マンボウやしろ著「あの頃な」表紙

大きなサイズで見る(全2件)

舞台やテレビドラマの脚本、演出を手がけるほか、長年ラジオパーソナリティを務めてきたマンボウやしろ。この作品には、ラジオの現場で新型コロナについて報道し、リスナーの声を聞き続けた彼が綴った25本のショートショートが収められる。

描かれているのはコロナ禍によって劇的に変化した世界で生きる人々の日常。マンボウやしろは「いつかコロナ禍を振り返ったときに、この数年は人間にとってどんな意味があるのか?」と問いかけている。

マンボウやしろ コメント

初めて小説を書きました。台詞を書くのは好きですが、文章を書くのは大変でした。なのでなるべく物語を楽しんでほしくてシンプルに書いたつもりです。いつかコロナ禍を振り返ったときに、この数年は人間にとってどんな意味があるのか?

この記事の画像(全2件)

読者の反応

  • 3

bar34237577 @bar34237577

https://t.co/FD3p3IGnSH https://t.co/MnviLq09xZ

コメントを読む(3件)

マンボウやしろのほかの記事

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 マンボウやしろ / 家城啓之 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。