「太田光の芸の根本はここにある」山田雅人が「太田光物語」を本人の前で熱弁

207

昨日10月23日に生配信ライブ「山田雅人かたりの世界『爆笑問題・太田光物語』」が開催され、山田雅人、ゲストの爆笑問題・太田、ゲスト証人の高田文夫と松村邦洋が出演した。

生配信ライブ「山田雅人かたりの世界『爆笑問題・太田光物語』」に出演した(左から)山田雅人、爆笑問題・太田。

生配信ライブ「山田雅人かたりの世界『爆笑問題・太田光物語』」に出演した(左から)山田雅人、爆笑問題・太田。

大きなサイズで見る(全12件)

松村邦洋

松村邦洋[拡大]

この「太田光物語」は今年5月に上演される予定だったが新型コロナの影響で延期に。このたび東京・座・高円寺2からの生配信に変更され、取材陣や関係者を除いては無観客の状態で行われた。山田が挨拶したあと、まずは松村がモノマネ漫談を披露。当初同じ太田プロに所属し「3カ月くらい太田さんより先輩」という松村は、「私がデビューしたときから『松村君、面白いんだから自信持っていきなよ』とよくしてくださった」と思い出を語ったほか、ビートたけし、森光子、東野幸治、ドラマ「半沢直樹」の登場人物などのモノマネを歴史ネタにまぶして繰り広げた。

(左から)山田雅人、爆笑問題・太田。

(左から)山田雅人、爆笑問題・太田。[拡大]

そのあと山田から「東京のお父さん」と呼ばれている太田が舞台へ。「どうすりゃいいんですか?」と珍しく困惑している様子の太田に、山田は「いつ(自分の語りに)入ってきていただいても大丈夫です」と提案する。結果的にこのライブでは1人語りの「太田光物語」が約1時間にわたって展開されると共に、それを舞台上で聞いている太田のコメントも山田の問いかけによって随所に挟まれた。

山田雅人

山田雅人[拡大]

太田の生い立ちから父母とのエピソード、学生時代、それまでの価値観が全否定されたというビートたけしとの出会い、相方・田中との出会い、妻でタイタン社長の太田光代氏とのなれそめなどを、あたかも現場を見てきたような臨場感と共に話し続ける山田。太田が父母から受けた影響に関しては「太田光の芸の根本はここにある」といった見解も。基本的には静かに耳を傾けていた太田だったが、時折素に戻った山田から「どうですか?」と問われると、その語りに補足説明を加えて自身の物語を膨らませていった。

爆笑問題・太田

爆笑問題・太田[拡大]

途中で太田が、自身を含む登場人物のキャラクター設定や事実関係などに「こう言っちゃなんですけど、だいぶ違います!」とツッコミを入れる場面も。こういった反応にも山田は、本人へ直接“取材”が舞台上でできていることに喜びを隠さない。やがて熱を帯びた語りを終えて「以上、太田光物語でした」と話を締めると、太田は「持ち上げていただいてありがとうございます」と笑いながら恐縮してみせたものの、山田は「これは全然持ち上げたうちに入りません。本当は4時間あるんですから」とまだ語り足りなそうに告げた。

(左から)山田雅人、爆笑問題・太田、高田文夫、松村邦洋。

(左から)山田雅人、爆笑問題・太田、高田文夫、松村邦洋。[拡大]

ライブの終盤には松村と、この公演の企画者でもある高田がステージで合流し、爆笑問題やその周辺の人物にまつわる思い出話にしばらく花を咲かせる。高田は「去年の『藤山寛美物語』がよかったので、太田君のをぜひともやってほしいとお願いした」と改めてこのライブが実現した経緯を説明したほか「第2弾、田中君も行けるか?」と提案。これに山田は「『田中裕二物語』も作らせてもらっていいですか? またこれで生きる望みができました」と前向きな姿勢を見せたが、太田は笑いながら「うちの周りばっかり作ってどうするの?(笑)」と戸惑っていた。

この記事の画像(全12件)

関連記事

爆笑問題のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 爆笑問題 / 松村邦洋 / 山田雅人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。