お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

お~い!久馬が脚本参加、松本穂香×渋川清彦「酔うと化け物になる父がつらい」映画化

208

田所サキ役の松本穂香(左)、父・田所トシフミ役の渋川清彦(右)。

田所サキ役の松本穂香(左)、父・田所トシフミ役の渋川清彦(右)。

菊池真理子のマンガ「酔うと化け物になる父がつらい」が実写映画化されることが決定した。ザ・プラン9のお~い!久馬が脚本を手がける。

「酔うと化け物になる父がつらい」は毎日アルコールに溺れる父と新興宗教信者の母のもとに生まれた主人公が、崩壊していく家族の中でがむしゃらに未来の希望を見つけようとするさまを描く実録エッセイ。酔っ払ってバケモノのようになった父の姿をユーモラスに描きながらも、家族のあり方を考えさせる内容は大きな反響を呼んだ。

映画版では主人公・田所サキ役に松本穂香、アルコール依存の父・トシフミ役に渋川清彦を迎えることが明らかに。「ルームロンダリング」の片桐健滋がメガホンをとり、脚本には久馬と片桐の名前がクレジットされている。なお公開日、キャスト、主題歌等はアナウンスされていない。

(c)「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー