お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

カンニング竹山が自ら取材、福島のいいところもまあまあなところも綴る正直な本

351

カンニング竹山の著書「福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!」(KKベストセラーズ)が3月6日に発売される。

本書は情報番組のコメンテーターとしても活躍する竹山が、原発によるさまざまな被害を受けた福島県の正しい情報を伝えようと筆を執ったもの。県内のほとんどで子供から老人まで笑顔で幸せに暮らしていること、食事や酒、観光スポットが充実していることなど、自らの取材でわかった福島の姿を綴っている。

嘘のない本にするため「まあまあだな!」と思うところも感じたままに記述。「大人に必要な夜の観光エピソード」も楽しめる、竹山らしい正直な1冊だ。

お笑いナタリーをフォロー