お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

岡山をPRする“ハレウッド俳優”募集、千鳥が呼びかけ「ピース綾部も参加して」

227

左から千鳥・大悟、伊原木隆太知事、千鳥ノブ。

左から千鳥・大悟、伊原木隆太知事、千鳥ノブ。

本日6月1日、「ハレウッド俳優オーディション2018」と題された企画の記者発表会が都内で行われ、千鳥と岡山県の伊原木隆太知事が出席した。

「ハレウッド」とは、「ハリウッド」と「晴れの国おかやま」を掛け合わせた造語。「ハレウッド俳優オーディション2018」は、岡山県の魅力をPRする動画(=ハレウッド動画)の主演・助演俳優を一般募集する試みで、本日から7月1日(日)まで行われる。動画の監督を務めるのは岡山出身の俳優・前野朋哉。彼は昨年も4つのハレウッド動画を手がけており、その中の1つ「The Land of Sunshine」は国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の第7回観光映像大賞部門のファイナリスト10作品に選ばれている。

コンビで「おかやま晴れの国大使」の務める千鳥のノブは「岡山は天候がいいので、映画のロケ地としてぴったり。土地が広いから、山奥の田舎の風景も撮れる。大悟が生まれた島は全爆破OKですから」と冗談交じりに発言。伊原木知事も「爆破しても気付かれないかもしれない」と乗っかると、大悟はすかさず「知事がそういうこと言っちゃダメでしょ?」とツッコミを入れる。

また司会から「どんな方に応募してもらいたいですか?」という質問が飛ぶと、大悟は「芸人仲間に、ハリウッドに挑戦してる奴が1人いる。ピースの綾部っていうんですけど、そいつに参加してほしいですね」と回答。一方、ノブは「うちの親父が退職したあと農家をやってたんですけど、最近はそれも長男に譲って何もしてない。痩せこけてクリント・イーストウッドみたいな風格が漂ってきてるのでちょうどいいのでは」と語っていた。

発表会後の囲み取材で、大悟は「ノブの姪っ子と甥っ子でBMXをがんばってる子がいるんですけど、その子とか(ハレウッド動画に)出てほしいなあ」とコメント。ノブは「BMXのオリンピック候補生になってるんですけど、一般家庭でお金がないから特殊な練習ができずに、田んぼを延々と自転車で走らせてるらしいです。この間は『アゼルバイジャン大会に1人で行く』って。親はお金がなくてついていけないんですけど、中2が1人でアゼルバイジャン行けないでしょ(笑)。しかも、めちゃめちゃ転倒してすぐに負けたらしいです」と親族のエピソードを明かしていた。

お笑いナタリーをフォロー