お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ジャンポケ斉藤ら「世間でほっとかれたもの」取材、若林「視点が面白い」

172

「日本を救うヒントがここに! ほっといたらこうなった」に出演する(左から)秋野暢子、丸山桂里奈、オードリー、小島瑠璃子、井森美幸。(c)関西テレビ

「日本を救うヒントがここに! ほっといたらこうなった」に出演する(左から)秋野暢子、丸山桂里奈、オードリー、小島瑠璃子、井森美幸。(c)関西テレビ

「日本を救うヒントがここに! ほっといたらこうなった」(関西テレビ・フジテレビ系)と題したバラエティ番組が本日2月18日(日)に放送され、オードリーがスタジオ出演するほか、あばれる君ジャングルポケット斉藤、マキタスポーツがリポーターを務める。

これは「世間でほっとかれたもの」を出演者たちがあえて取材し、日本を救うヒントを探すバラエティ。ジャンポケ斉藤は鹿児島県の「ほっといたら、なぜかおじいちゃんおばあちゃんがハイテンションになった」という地区を訪れ、その地区を面白くしたいと奮闘する男性を紹介する。あばれる君は長野県の“日本一暗い村”と噂される村へ。そこで4時間半の過酷な冬山登山に挑んだあと、神秘的な光景を目の当たりにする。

カップ麺を10分ほっといてから食べる「10分どん兵衛」の提唱者でもあるマキタは「ほっといたらできる新メニュー」の開発に臨む。番組収録後、若林は「すごく盛りだくさんなVTRで観ていて全然飽きませんでした。ほっといたらどうなる?という視点が面白い」とコメント。番組タイトルにちなんだ「ほっといたらこうなった」というエピソードを聞かれた春日は「ほっとくと、すぐ1人旅に出て、海外にかぶれて帰ってくる。キューバに行ったあとは葉巻を吸っていた」と若林の様子を伝えた。

日本を救うヒントがここに! ほっといたらこうなった

関西テレビ・フジテレビ系 2018年2月18日(日)16:00~17:20
<出演者>
オードリー / 秋野暢子 / 井森美幸 / 小島瑠璃子 / 丸山桂里奈
VTRリポーター:あばれる君 / ジャングルポケット斉藤 / マキタスポーツ

お笑いナタリーをフォロー