ますおか岡田が映画絶賛「あの岡田が泣いた」TKO木下は主人公に扮装

38

ドウェイン・ジョンソン主演映画「カリフォルニア・ダウン」の特別試写会イベントが本日9月7日に都内にて行われ、ますだおかだ岡田とTKO木下、菊地亜美が登壇した。

映画「カリフォルニア・ダウン」特別試写会イベントに登場した(左から)ドゥエイン・ジョンソンの等身大パネルとTKO木下、菊地亜美、ますだおかだ岡田。

映画「カリフォルニア・ダウン」特別試写会イベントに登場した(左から)ドゥエイン・ジョンソンの等身大パネルとTKO木下、菊地亜美、ますだおかだ岡田。

大きなサイズで見る(全4件)

(左から)ドゥエイン・ジョンソンの等身大パネルとTKO木下。

(左から)ドゥエイン・ジョンソンの等身大パネルとTKO木下。

「カリフォルニア・ダウン」は、巨大地震が起きたカリフォルニアでレスキュー隊の主人公・レイが娘を救出するために奔走する、ブラッド・ペイトン監督のアクションエンタテインメント。今週9月12日(土)に東京・新宿ピカデリーほかにて公開される。

TKO木下はレイに扮して登場して「サンキューフォーインバイトミー!」と英語で挨拶したあと、「バツイチというのが自分と一緒なので、どれだけグッときたことか!」とレイに共感を示す。岡田は作品内容とかけて「地球が割れる! 俺のお尻は割れていた! うーん、カリフォルニア・ダウン! 岡田がダウン! シーユー!」と渾身のギャグを披露した。

イベントのワンシーン。

イベントのワンシーン。

この作品を今朝鑑賞した岡田は、「1人スタンディングオベーションをしたいくらい。朝イチでボーッとしているのが大迫力で吹っ飛びました! よくCMで映画鑑賞中に泣いている人を映すじゃないですか。それをやってほしかった。『あの岡田が泣いた!』って」と絶賛。木下は「観たときにいろいろと考えさせられて、今を必死に生きようと感じると思います。僕も娘ともっと会おうと思いました。迫力がある映画なので、ぜひスクリーンで、大切な人とご覧ください」と訴えた。

この記事の画像(全4件)

ますだおかだのほかの記事

リンク