お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ピース又吉、「100分de名著」で高橋源一郎らと太宰治「斜陽」語らう

250

左から、伊集院光、武内陶子(NHKアナウンサー)、高橋源一郎、ピース又吉。(c)NHK

左から、伊集院光、武内陶子(NHKアナウンサー)、高橋源一郎、ピース又吉。(c)NHK

「100分de名著」(NHK Eテレ)では9月2日(水)から4回にわたって太宰治「斜陽」を特集。ピース又吉が9月23日(水)放送の最終回に出演する。

伊集院光、武内陶子(NHKアナウンサー)が案内役を務め、難解な名著を合計100分で読み解いていく「100分de名著」。取り上げた作品に詳しいゲストの解説や、アニメーション、紙芝居、コントなど、さまざまな手法で文学の世界に迫る。

又吉は「斜陽」だけでなく、「右大臣実朝」「津軽」「御伽草子」といった自身の惹かれるタイトルを挙げ、その魅力や太宰作品を現代に読む意味について指南役の高橋源一郎らとともに語り合う。収録後には「大いに楽しみました」とコメントしており、トークが弾んだ様子。ぜひ第1回から続けて鑑賞しよう。

ピース又吉 コメント

文学を扱った番組は色々とありますが「100分de名著」は、1つの作品にしぼって徹底的に語り合うという点でほかにない魅力があります。太宰作品を存分に語り合い、大いに楽しみました。

100分de名著 太宰治 斜陽

NHK Eテレ 2015年9月2日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)22:00~22:24

お笑いナタリーをフォロー