お笑いナタリー

なすなか、出演映画の上映会で驚き「こんなにもフラッシュを焚かれるもんなのか」

204

左からなすなかにし、落合モトキ、松井玲奈。

左からなすなかにし、落合モトキ、松井玲奈。

昨日4月18日、映画「笑う招き猫」の完成披露上映会が東京・新宿武蔵野館で行われ、キャストの東京03角田、なすなかにし松井玲奈落合モトキ前野朋哉、監督の飯塚健が登壇した。

4月29日(土・祝)に公開される「笑う招き猫」は、集英社「小説すばる新人賞」を受賞した同名小説をもとに、結成5年目の売れない漫才コンビとして活動している本田アカコ(松井玲奈)と高城ヒトミ(清水富美加)が挫折しながらも夢を追いかける青春ドラマ。アカコとヒトミのマネージャー・永吉を角田、先輩コンビ・きんぴらをなすなかにしが演じる。また、なすなかが劇中の漫才の監修・指導を担当しているのは既報の通りだ。

上映会では、なすなかにしがMCを担当。駆けつけたマスコミを前に「僕ら、このような場に出演するのが初めてですので、こんなにもフラッシュを焚かれるもんなのかとビックリしております」と語る。一方、角田はゆったりとした間で「本日は本当にありがとうございます」と挨拶し、なすなかから「俳優の顔してる!」とイジられた。

続いて、登壇者たちが映画の場面写真に一言を添える大喜利コーナーへ。まず最初にアカコが鰤を持っているシーンのパネルが掲げられると、那須が先陣を切って「おめでとうございます、きれいな男の子です」と回答。続く中西は「見て! ふるさと納税でもらったのよ!」と答える。しかし、どちらも笑い声より拍手の音が大きかったため、中西は「ウケの量じゃなくて拍手で判断するんですか?」と戸惑っていた。

続いての写真は、アカコら幼なじみ3人組が生垣から顔を覗かせているシーン。ここでは松井が「見て見て! なすなかにしがスベってる!」との回答で大きな笑いを起こし、当の本人たちを「つい先ほどの(自分たちの)状況やないか!」と嘆かせる。一方、角田は「元気そうだね、富美加ちゃん」と際どいボケ。これに対して中西は「この映画でその答えより上はないでしょ! このあと何言ってもウケないですよ!」と困惑気味にコメントしていた。

(c)山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー