お笑いナタリー

流れ星がアニメ「ヘボット!」でアフレコ初挑戦、引くほどセリフ量が多かった

692

アフレコに臨む流れ星。

アフレコに臨む流れ星。

流れ星が現在放送中のアニメ「ヘボット!」(メ~テレ・テレビ朝日系)に出演することが決定。先日、2人の出演シーンのアフレコ収録が都内で行われた。

「ヘボット!」は、「ボキャボット」と呼ばれるロボットたちがギャグバトルを繰り広げる“はちゃめちゃギャグストーリー”。「ネジが島」の王子、ネジル・ネジールと彼のパートナー的存在であるボキャボット・ヘボットの活躍が描かれている。流れ星は昨年9月に同作品の宣伝大使に就任。同月に行われた記者会見では石平信司監督にアニメへの出演を懇願し、「宣伝大使としてアニメをしっかりアピールできれば出番を考える」との返答をもらっていた。

そんな彼らが晴れて登場するのは3月放送予定の回で、サブタイトルは「ツルっとオチた流れ星」。ネジが島で笑いの祭典「W1(わらわん)グランプリ」が開催されるというストーリーだ。流れ星は“くーるじゃぱん”からやって来た最強のお笑いコンビとして登場する。瀧上は自分たちの役どころについて「最初は通行人A、Bとかそんな感じの役かと思ったら、引くほど俺らのセリフ量が多かった。ちゅうえいのギャグも盛りだくさんで代表的なものはほぼ入ってました」とコメント。ちゅうえいも「台本渡されたとき『マジか』って思いました!」と同調した。

流れ星がアニメのアフレコに参加するのは今回が初めて。収録を終えた感想を聞かれたちゅうえいは「お笑いとはまったく別の世界なので、今までに疲れたことないところが疲れてる感じです……脳とか」と回答。瀧上から「普段、脳は疲れてないんですか?」とツッコまれると、「お笑いのとき、脳使ってないんで」と笑い飛ばす。

また瀧上は、自分たちの出演回の見どころを「本当に細かいところまで流れ星のネタが散りばめられているのでそこを見ていただきたい。全部見つけられたら相当な流れ星マニアだと思います」とアピール。さらに、ちゅうえいは「何カ所かアドリブを任されたところがあったんですけど、普段の漫才では出さない声を出してます。そこも聞きどころかもしれないですね」と続いた。

瀧上が「これだけギャグを出したらもう終わり」と語るほどアニメ内でたくさんのギャグを披露していたちゅうえいだったが、本人は「僕は今回で何か掴んだ感じがしてます」と2回目の出演にも前向きな様子。彼が「また出演するために監督と喫煙所にいる時間を長くしました」と裏事情を明かすと、瀧上も「確かにアニメの中で死んだことにはなってないですからね。生きている限りは可能性を信じたい!」と期待を膨らませた。

(c)BNP/BANDAI, HEYBOT! PROJECT, メ~テレ

お笑いナタリーをフォロー