お笑いナタリー

爆笑問題「これは事件です」タイタンライブ20周年にビートたけし迎える

1373

タイタン主催ライブ「TITAN LIVE 20YEARS anniversary」にシークレットゲストとして出演したビートたけし(中央)と、爆笑問題ら芸人たち。(c)TITAN

タイタン主催ライブ「TITAN LIVE 20YEARS anniversary」にシークレットゲストとして出演したビートたけし(中央)と、爆笑問題ら芸人たち。(c)TITAN

タイタン主催ライブ「TITAN LIVE 20YEARS anniversary」が2月11日と2月12日の2日間にわたって、東京・EX THEATER ROPPONGI にて開催され、爆笑問題をはじめ多くの芸人が登場。12日の公演にはシークレットゲストとしてビートたけしが登場し、タイタンライブの20周年を祝福した。

着物姿のたけしは高座名の立川梅春を名乗り、爆笑問題のあとのトリで姿を見せて会場を大いに沸かせる。高座に上がり、まくらで自身の母親とのエピソードをいくつか話したあと、人情噺の「人情八百屋」を披露した。これは立川談志の「人情八百屋」をより長尺にアレンジしたもの。噺を終えて会場中の拍手を浴びたたけしは、高座で足を崩しながら「足がしびれてネタを忘れそうになった」とつぶやいて笑いを誘った。

そんなたけしのもとへ舞台袖から駆け寄った爆笑問題・太田は、たけしをゲストとして迎えたことに「いやー、すごかった! これはフライデー以来の事件ですよ!」と興奮気味に語り、田中も「なかなかこんな機会はない。我々にとっても夢のよう」と感激しきり。その一方で太田はたけしのタイタンライブ出演について「随分前に頼んで、二つ返事で引き受けてくれたけど、昨日になってたけしさんのマネージャーから『やっぱりトリはやめたい』って伝えられた。何をビビッているのか!(笑)」と裏話を明かした。

12日の公演には彼らのほか、インスタントジョンソン、東京03、つぶやきシロー、アンガールズ、流れ星らが出演。エンディングでは、たけしに対してインスタントジョンソンゆうぞうが「落語おつかれちゃーん!」といつもの調子でねぎらうと、たけしからは「昔の演芸場だったら半殺しだぞ!」という強いツッコミが。タイタン所属芸人もたけしと絡み、脳みそ夫が「たけしさん、こんちわーす。たけしさんにお会いするのが目標だったので、めちゃくちゃうれしいーす」と例のタコ口でたけしに語りかけたほか、日本エレキテル連合・中野はたけしと爆笑問題の共演に「こんな幸せなところにいられるなんて」と涙声で喜んでみせた。

なお同じ12日の公演では、謎めいた新人「O2-T1」の出演がアナウンスされており、実際にその名前でステージに現れたのは爆笑問題。宇宙を舞台にしたSFコントを2人きりで展開した。11日の公演には、松村邦洋、ナイツ、ハライチ、アンジャッシュ、サンドウィッチマン、シソンヌ、博多華丸・大吉、メイプル超合金、厚切りジェイソンらが登場。この日は長井秀和、日本エレキテル連合、ウエストランド、ネコニスズのタイタンメンバーによる合同コントも披露された。

お笑いナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】