ナタリー PowerPush - うたたP

「みんな幸せにな~れ!」アルバム全曲解説

ミクトランスの金字塔「ストラトスフィア」をはじめ「アド・アストラ」や「ブランダズ -Brand as-」といった名曲を次々に発表し、「ミクトランスの伝道師」と呼ばれるうたたP。だが2012年6月に動画共有サイトに投稿された「こちら、幸福安心委員会です。」は、端正なギターロックと思いきや、突如ミクが演説をはじめ「幸福なのは義務なんです」と繰り返す超絶展開が話題になり、「エレクトロック演説」というジャンル名タグまで付けられた。その後も「幸福シリーズ」と呼ばれる独特の世界観に基づいた楽曲を連発して中毒者を大量に作り出し、4月17日には「幸福シリーズ」の集大成とも言えるアルバム「みんな幸せにな~れ!」をリリース。ナタリー初の特集となる今回は、メールインタビューでこのアルバムの全収録曲について詳しく語ってもらった。

取材・文 / 田口こくまろ

 
mixiチェック

とにかくトランスが大好きでした

──ナタリー初登場ということですので、まずは自己紹介をお願いします。

4つ打ち系と呼ばれるテクノ / トランス系の音楽をボーカロイドとあわせた作品を中心に、主にインターネットを舞台として作品を公開しているうたたPと申します。ボカロの他にはリミックスやゲームサウンドなどでも活動しています。

──「うたたP」の名前の由来は?

もともとゲームのBGMやインスト系クラブサウンドを作っていたのでボーカル曲を作る機会がほとんどなかったんです。なので、ネットに詳しい友人からの勧めで発売されたばかりの初音ミクを購入したのはいいのですが、すぐには歌ものを作れず、コーラス部分を「う」、メロディ部分を「た」でミクに歌わせた曲を動画共有サイトに投稿したところ、「『う』と『た』で歌わせてるから『うたたP』だな」とのコメントがあったので、それをそのままP名にさせてもらいました。

──代表曲「ストラトスフィア」「アド・アストラ」を始め「ミクトランスの伝道師」というイメージが強いですが、トランスはやはりお好きなんですか?

はい。特に当時は普段それしか聴いてないんじゃないかというくらいの勢いでトランスが大好きでした。もちろん今でもトランスが好きで制作してますし、もちろん聴いてもいます。

「幸福シリーズ」は3人合議制のプロジェクト

──今回のアルバム「みんな幸せにな~れ!」は、今までのトランス楽曲とは少し毛色が異なり、2012年6月の「こちら、幸福安心委員会です。」から始まる「幸福シリーズ」の曲がメインになっているのですが、これについて教えてください。

「幸福シリーズ」は楽曲を作るうたたP、作詞を行うライトノベル作家の鳥居羊さん、イラストのwoguraさんの3人からなるプロジェクトです。私の代表作でもある「ストラトスフィア」を聴いてくださった鳥居さんが、感想を書いたお手紙と一緒に著書を送ってくださったんですが、本職の作家さんに作詞をしてもらえば、何か新しいものができるかもしれないという期待を込めて私からコラボをお願いしてみたんです。すぐに快諾していただいたばかりか、「どうせやるなら1曲ではなくアルバムを1枚作っちゃいましょう!」ということになってしまいました。当初は自主制作盤を頒布できればという規模でのお誘いだったので、まさかそれが自分の1stメジャーアルバムになるとは想像すらしていませんでした。

──イラストのwoguraさんは?

2009年にPSPゲーム「Project Diva」の収録曲募集があり「Project Diva desu.」という曲を応募したのですが、そのときにイラストをお借りしたのがwoguraさんとの出会いです。この曲はゲーム本編では使われなかったのですが、「ミクの日感謝祭」などのオープニングとして使用していただき、私の代表作の1つになりました。そのwoguraさんと、いつか書き下ろしでコラボしたいと思っており、今回思い切ってお誘いしたら快く引き受けてくださいました。

──音楽はもちろんうたたPさん主導だと思いますが、歌詞とイラストについては完全分業なのでしょうか?

いいえ、基本的にチーム3人で話し合って作っています。例えば、「こちら、幸福安心委員会です。」の場合は、最初に私が「バラードからロック!といった感じで突然豹変する曲を作りたい」と鳥居さんにアイデアを出しました。それをもとに鳥居さんが自由に作ってくれた歌詞案の内容から「これはリズムに合わせて演説をしたら面白そうだ」と思いつき「エレクトロック演説」という要素をふくらませて曲が完成しました。それをお2人に聴いてもらいGOサインが出たところで、woguraさんにその楽曲の印象と物語のイメージを自由に描いてもらいました。ここでは、演説部分ではかわいいのにどこか狂気に満ちた表情へ豹変するというwoguraさんからのアイデアが加わっています。そのイラストをもとに私が動画を作成しました。

──なるほど、3人それぞれの意見が反映されていると。

はい。「楽曲のメロディ部分はこうしたらいいかも?」、「こういうシーンもイラストに入れたらどうだろう?」、「もっと過激な内容でもいいかも」などなど、全員が自由に表現するという部分を大事にしながらもなごやかに話しあって作っています。もちろん気になった点や意見があれば遠慮せずにズバッと言うこともありました。このような形でプロジェクトを進め、約1年でアルバムをリリースをすることができました。

うたたP feat. 初音ミク、MAYU、結月ゆかり「みんな幸せにな~れ!」/ 2013年4月17日発売 / 2000円 / EXIT TUNES / QWCE-00272
収録曲
  1. こちら、幸福安心委員会です。/ うたたP feat. 初音ミク
  2. re:Try -MAYU edit- / うたたP feat. MAYU
  3. 永遠に幸せになる方法、見つけました。/ うたたP feat. 初音ミク
  4. 夢じゃない、嘘じゃない、目の前にある幸せな情景。/ うたたP feat. 初音ミク
  5. 一途な片思い、実らせたい小さな幸せ。/ うたたP feat. MAYU
  6. 世界一幸福になれるバスツアー / うたたP feat. 結月ゆかり
  7. ブランダズ -Brand as- / うたたP feat. 初音ミク
  8. ヤマダを狙うサトウの影に潜むスズキを操るタナカ / うたたP feat. MAYU・結月ゆかり
  9. キミが望んだ、すれ違いの幸せ。/ うたたP feat. 結月ゆかり
  10. あなたのこえ、きこえています。 / うたたP feat. MAYU
  11. ぼくは ゆうしゃに えらばれた! / うたたP feat. MAYU
  12. キミのことが好きでゴメンナサイver MAYU / うたたP feat. MAYU
  13. 3人の可愛い姉妹と、吊り橋の下に潜むモノ。ver MAYU / うたたP feat. MAYU
  14. 幸せになれる隠しコマンドがあるらしい / うたたP feat. 結月ゆかり
  15. rotceV ynitseD / うたたP feat. 初音ミク
  16. セキズイ駅発下り列車 / うたたP feat. 結月ゆかり

(C)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
(C)EXIT TUNES
(C)2005-2013 AHS Co. Ltd. All rights reserved.
(C)2013 VOCALOMAKETS Powered by Bumpy Factory Corporation.

Illustration:wogura

うたたP(うたたぴー)

ボーカロイドを使用したトランスの総称「ミクトランス」の先駆者として、2007年からネット上に楽曲を投稿しているボカロP。「ストラトスフィア」「アド・アストラ」「ブランダズ -Brand as-」といった楽曲でネットユーザーから大きな支持を集める。2011年にはローソンのオリジナルボーカロイド「あきこロイドちゃん」のフィーチャリング楽曲集「あきこロイドちゃん LOVE▽」(▽はハートマーク)に楽曲「VOCALAWSON desu.」を提供。2012年に投稿した「こちら、幸福安心委員会です。」は初音ミクが演説する独特の曲調が「エレクトロック演説」と呼ばれ、1カ月半で再生回数100万回を突破。2013年4月には「幸福シリーズ」の楽曲をメインにしたアルバム「みんな幸せにな~れ!」をリリースした。