音楽ナタリー Power Push - ジョゼ

プロデューサー根岸孝旨と切り拓いた新たな音

プロデューサー根岸孝旨

ジョゼが3作目のミニアルバム「YOUNGSTER」を完成させた。本作はCocco、GRAPEVINE、くるりといった数多くのアーティストの作品を手がけてきた根岸孝旨をプロデューサーに迎えて制作された、あらゆる面でバンドの新境地を感じさせる1枚になっている。

音楽ナタリーでは新作のリリースに際し、ジョゼのメンバーと根岸による座談会を実施。バンドと根岸の出会いから、「YOUNGSTER」完成に漕ぎ着けるまでについて話を聞いた。

取材・文 / 田山雄士 撮影 / 西槇太一

 
mixiチェック

ガチガチでライブよりも緊張した

──まずは、今回ジョゼが根岸さんにプロデュースを依頼した経緯から教えてください。

ジョゼのメンバーと根岸孝旨。

羽深創太(Vo, G) 僕はもともと奥田民生さんが大好きで、ライブも観に行ってて、そのライブでベースを弾いていたのが根岸さんで。ほかにも、くるりやGRAPEVINEといった自分が影響を受けたミュージシャンの作品を数多く手がけてる方だったので、いつかプロデュースをお願いできたらいいなと個人的にはずっと思ってて。ジョゼとして、今回の作品は今までよりもっとガツンとくるサウンドにしたかったんですよね。セルフプロデュースで超えられなかった技術面の壁をなんとかしたいなと。でも、まさか本当にレジェンドに引き受けていただけるなんて!

根岸孝旨 あははは(笑)。僕は正直、ジョゼのことは知らなかったんですよ。個人的にバンドのプロデュースから遠ざかってた時期だったので、まずは1stフルアルバムの「Sekirara」を聴かせてもらって。それで最初に思ったのは、「すごく頭のいい子たちなのかな」ということだった。非常に考えて作ってる印象で、アレンジも細かいし、詞もデリケートだし、そのままで完成されてる気がした。「僕は何をすればいいの? もう自分たちでできてるんじゃないの?」「繊細な子たちっぽいし、何をしゃべればいいんだろう?」って感じが強かった。だから会う前は構えちゃってました。実際に会ったら繊細な感じでもなく、3人で楽しそうにコントをやってるような感じで(笑)。

羽深 いきなりスタジオに来ていただいたんですよ! ウチらもウチらで構えまくってたし、すごい緊張感でした。

根岸 話す前にまずは音を聴こう、みたいなね。生演奏の実力はどんなもんなのかってなって。そのときは春人なんて、何話してるか全然わかんなかった。

吉田春人(B) 緊張しまくってましたね(笑)。何を話したかまったく覚えてないです。レコーディングが終わる頃に、ようやくリラックスしてきたくらい。

中神伸允(Dr) もうガチガチで、ライブよりも緊張したね! すごく近くで聴いてくださっていたので、どういう感情で演奏すればいいのかわからなくなってました。

羽深 根岸さんへの憧れが出すぎて、浮ついた感じを必死に抑えてたよね。しかもせっかく根岸さんに来ていただいたのに、僕らは曲のストックがほとんどない状況で。「Sekirara」とは違うものを作りたかったんですけど、どういう方向に1歩を踏み出せばいいのかわからず時間がかかってましたね。0から1にする間が長かった。そこから時間に追われまくりのスタジオワークが始まって。

いろんな人に届きやすくするのが僕の役割

──方向性がハッキリ定まってないところから、根岸さんとのやり取りがスタートしたんですね。

羽深創太(Vo, G)

羽深 そう。本当に恥ずかしい話で、ちゃんとした新作の地図すらなく、心がかなりソワソワしてたときに根岸さんに会ったんですよ。今思えばムチャな注文もたくさんしちゃいました。僕らは引き出しが少ないので、「こういうコード進行で、こういうメロディが乗って、こういうビートの曲があるんですけど、どんなベースライン付けられますかね?」とか、おねだりっぽい感じのことを。

根岸 毎回、小テストを受けに行ってる感じだった(笑)。メロディがまだハッキリ決まってない状態で、「このコード進行でこんなリズムなんですけど、ベースどうしましょう?」って聞いてくるわけですよ。メロディを決めてくれないとベースは難しいのに、「いや、そこはベースラインにインスパイアされたい!」とか言うし。ま、でもバンドなんでね。いろんなものがいい意味で干渉し合って生まれ変わっていくのは大事だから、無理難題にも応えつつ、年上としてガスガス引っ張っていって。ジョゼは気持ちの引き出しは多いんだけど、技術のほうは少なかったんだよね。

羽深 おっしゃる通りです……。

根岸 いろんなイメージを持ってるわりに、どうしたらいいのかがわからない。一緒に作業をするうちにそのもどかしさが伝わってきたので、まずは具現化の方法を教えることがメインだった。持ってる感性は面白いんですよ。

羽深 はい。

根岸 初めてジョゼの音源を聴いたときも、多くの人に聴いてもらえる音楽を作りたいのに、マニアックになっちゃってる気が少しした。それなら、彼らの足下を固める役には立てるかもしれないなと思って、プロデュースを引き受けたの。

根岸孝旨

羽深 ありがとうございます。2回目に会ったときも一緒にスタジオに入って。できかけてるけど、完成に至らず悩んでる曲とかを聴いてもらいましたね。

根岸 何日か会わないと、構成が変わるんですよ。「えー! また変えたの!?」って。彼らはやればやるほど納得できなくなるらしく。適度にケツを叩く意味でも、自分がいた意味はあったのかな。「これじゃあ、いつまで経ってもできないよ。出てくるアイデアは別の曲に取っておけばいいじゃん。この曲にさらに余計なものを加えると、なんだかわからなくなるでしょ?」っていうような話をして。まあ、そう言っても引かないところは引かない奴らなんですけどね(笑)。彼らの中にある楽曲イメージは大事にしつつ、客観的に聴いていろんな人に届きやすくするのが僕の役割だった。

羽深 さっき言ってもらったように、僕らの音楽って方向性が決まってなくてどっちつかずだったり、アレンジが緻密すぎたりしたんです。根岸さんにはそれを壊してほしくて。

根岸 結局、言うこと聞かないところは聞かないけどね。

羽深 すいません(笑)。だけど、バンドの土台は本当に根岸さんと一緒に作業した期間で1から作れたと思ってます。どうしても譲れないところは譲らず、その上で変わるにはどうすればいいんだろうって悩んでは音でコミュニケーションを取って、なんとか完成にたどり着いた感じですかね。

ミニアルバム「YOUNGSTER」 / 2016年1月13日発売 / 2160円 / K's Factory Inc. / DQC-1512
「YOUNGSTER」
収録曲
  1. ハートソルジャー
  2. パステルカラー
  3. LITTLE CITY
  4. ロクデナシ
  5. GUILTY
  6. Friday
  7. ヤングパレード
  8. 飛行機雲を探して
ジョゼ 3rd mini album「YOUNGSTER」release tour Y.M.C.A. 2016
2016年2月5日(金)東京都 Shibuya eggman
<出演者>
ジョゼ / ドラマストア / リコチェットマイガール / and more
2016年2月10日(水)京都府 京都MOJO
<出演者>
ジョゼ / GOOD BYE APRIL / asayake no ato / and more
2016年2月12日(金)香川県 DIME
<出演者>
ジョゼ / 最悪な少年 / and more
2016年2月19日(金)福岡県 graf
<出演者>
ジョゼ / nicoten / the quiet room / and more
2016年2月21日(日)広島県 CAVE-BE
<出演者>
ジョゼ / nicoten / the quiet room / Marry Che-LIE / and more
2016年2月25日(木)千葉県 千葉LOOK
<出演者>
ジョゼ / Halo at 四畳半 / Ivy to Fraudulent Game / ARCHAIC RAGSTORE
2016年2月28日(日)宮城県 FLYING SON
<出演者>
ジョゼ / The Cheserasera / tonetone / Nice to eat you
2016年3月5日(土)北海道 COLONY
<出演者>
ジョゼ / Vianka / The Cheserasera
2016年3月18日(金)愛知県 ell. SIZE
<出演者>
ジョゼ / phonon / The Cheserasera / Bob is Sick
2016年3月25日(金)石川県 vanvan V4
<出演者>
ジョゼ / The Cheserasera / ドラマストア / and more
2016年3月26日(土)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
<出演者>
ジョゼ / The Cheserasera / ドラマストア
2016年4月2日(土)東京都 TSUTAYA O-Crest
<出演者>
ジョゼ
ジョゼ
ジョゼ

羽深創太(Vo, G)、中神伸允(Dr)、吉田春人(B)からなる3人組。2010年の結成以来東京・下北沢や渋谷を中心にライブ活動を展開し、2013年3月に東京・新木場STUDIO COASTで行われたライブイベント「音小屋の灯——ロックと共に生きる僕らのフェス」に出演して注目を浴びる。同年5月に初の全国流通盤「Aquarium」を発表した。2014年5月に前任のベーシストが脱退し、6月に吉田が加入し現在の体制となる。2015年1月に初のフルアルバム「Sekirara」を発表。2016年1月に根岸孝旨プロデュースによるミニアルバム「YOUNGSTER」をリリースした。

根岸孝旨(ネギシタカムネ)

1961年生まれ、埼玉県出身のベーシスト / プロデューサー。学生時代より音楽活動を始め、現在はPOW!やSENSE OF WONDERといったバンドに所属する。1989年にギタリストの長田進とDr.StrangeLoveを結成。自身の音楽活動の傍らで桑田佳祐、藤井フミヤ、杏子、元ちとせらのレコーディングに参加したり、Cocco、くるり、GRAPEVINEらのプロデュースを担当したりと多角的に活躍している。