お笑いナタリー

ポン・デ・リングギャグ「もっち!」ダンディ坂野流行語狙う

43

本日1月8日、ミスタードーナツの人気No.1商品「ポン・デ・リング」誕生10周年を記念した新商品発表会が都内で開催され、「ポン・デ・リング部」としてダンディ坂野らが登場した。

ポン・デ・リングは2003年1月20日に“サクサク”“ふわふわ”“しっとり”に次ぐ第4の食感のドーナツとして発売。最大の特徴である“モチモチ”とした食感の生地と、花のような形、一口サイズにちぎりやすい形状が人気を集め、これまでに計82アイテム、累計販売個数18億個を突破した。

「ポン・デ・リング部」はこのポン・デ・リングの大ファンという4名の芸能人、マツコ・デラックス、野口五郎、木下優樹菜、ダンディで結成。この4名で本日から放送される新商品「ポン・デ・リング生」の新テレビCMに出演している。まず登場した部長のマツコは「フレンチクルーラーが好きなんですけどね」と正直に告白しつつ、「今後はフレンチクルーラーを買うついでにポン・デ・リングも買わなきゃ」と部長としての責務を果たす覚悟。「新商品はほんとにおいしい」ということで、その食感を尋ねると、「ラグビー部出身で社会人になって12年目くらいの男の二の腕」と例えた

ものの「後ろの方のリアクションが薄い。寂しいわね」とすねていた。

ダンディは「新年あけましてお正ゲッツ!」と、登場からしっかりギャグで挨拶し、「ここだけは使ってください」と懇願。ポン・デ・リングについては「娘も大好き。買ってこいと言われるので、時間があるから自転車で行きます」と笑顔も。この新商品の食感には「一言でいうと、もっち!」と新ギャグを披露してみせた。また、「2003年に僕も『ゲッツ!』で流行して、ポン・デ・リングとちょうど歴史が同じなんです」と嬉しそうに語るも、マツコがこそっと「その例え、ミスドの方は嬉しくないよ」ポツリ。「ポン・デ・リングが『ゲッツ!』を超えてきた」と、ポン・デ・リングの勢いを認めた。また、「投票して復刻版をやったらどうか」と、いい意見を言うも、木下の声にかき消される場面も。諦めかけたダンディに変わって、マツコが「今いいこと言ってた」と代わりにアピールしていた。最後にダンディは「この『もっち!』で流行語大賞を狙いたい」と宣言し、ポン・デ・リングの形を手で大きく表現してから「もっち!」と決めた。

新商品の「ポン・デ・リング生」は本日から3月下旬まで販売。「ポン・デ・リング生」のほか、「ポン・デ・リング生 チョコゴールデン」「ポン・デ・ショコラ生」「ポン・デ・ショコラ チョコクランチ」の4種類が販売される。さらに、ポン・デ・リングをモチーフにしたキャラクター“ポン・デ・ライオン”を再現したかわいいドーナツ「ポン・デ・ライオンドーナツ」と「ポン・デ・ライオンドーナツ ショコラ」が1月23日から3月下旬まで販売される。詳しくは「ポン・デ・リング誕生10周年スペシャルサイトをぜひチェックしてみよう。

お笑いナタリーをフォロー

  • >読者アンケート実施中