お笑いナタリー

ノンスタ石田が娘を相方に絶対会わさん宣言、井上「家族のルールなら仕方ない」

233

左からNON STYLE、成瀬瑛美。

左からNON STYLE、成瀬瑛美。

本日8月23日、「第3回 次にくるマンガ大賞」の受賞作発表会が都内で行われ、NON STYLE石田がMC、相方の井上と成瀬瑛美でんぱ組.inc)がゲストコメンテーターとして登壇した。

「次にくるマンガ大賞」は、これからのブレイクが予想される作品を発掘して紹介する目的で2014年に創設された賞。今年は「コミックス部門」の1位に赤坂アカの「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」、「Webマンガ部門」の1位に久世岳の「うらみちお兄さん」が選ばれている。

井上は「(マンガを)仕事の移動時には読んでますし、半身浴をしているときに単行本1冊読むっていうのも決めてます」とマンガ好きであることをアピールするが、石田は「半身浴の効果出てへんがな! 出せ出せ!」とツッコミ。また「僕は移動中とかネタを作ってるんでマンガ読む時間はないんです」と井上がネタを作っていないことを暗に批判し、取材陣の笑いを誘った。

また井上は「次にくるマンガ大賞」で知ってハマった作品として篠原健太「彼方のアストラ」や高野ひと深「私の少年」を挙げる。さらに同賞に対して「マンガの賞っていろんなものがありますけど『次にくるマンガ大賞』は実際に読んだ方が投票しているので、読み手の気持ちがダイレクトにわかって、すごくいい賞だと思います」と賛辞を送った。

囲み取材では、今月8月13日に誕生した石田の双子の娘に関する話題も。石田は「こんなに幸せなことってあるんですねという感じ」とうれしげにコメント。しかし娘を夜中に見守らなければならないため睡眠時間を十分に確保できていないそうで、「赤ん坊を泣き止ませるためには抱き抱えながらスクワットするのがいいって聞いたんで、夜中ずっとそうしてるんですよ。たぶん僕、ムキムキなると思います」と語る。また「僕と嫁さんで決めたことがありまして。今後何があっても井上には会わさんっていう」とも述べ、井上は「家族のルールなら仕方ないわ」と苦笑いを浮かべていた。

お笑いナタリーをフォロー