お笑いナタリー

「言い続けていれば夢は叶う」出川哲朗初のゴールデン冠レギュラーがテレ東で

300

出川哲朗

出川哲朗

出川哲朗が電動バイクで旅するバラエティ「充電させてもらえませんか?」(テレビ東京)がレギュラー化。4月15日(土)にスタートする。

「充電させてもらえませんか?」は出川が約2時間のフル充電で20キロ走行できる電動バイクに乗り、行く先々で電気の補充をお願いしながら旅するロケ番組。2014年から特番として第7弾まで放送され、このたび「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」と改題して毎週土曜のゴールデンタイムに進出する。出川にとって初のゴールデン冠レギュラー番組だ。

本日2月24日、出川の実家であり第1弾のスタート地点でもあった、神奈川・横浜にある海苔問屋「蔦金商店」でレギュラー初回の収録が実施された。あわせて取材会が開かれ、出川が意気込みを語っている。同席したプロデューサーが出川の魅力を「“持っている”。これまで何度もミラクルを起こしてきた」と述べる通り、いざ出川が挨拶を始めようとすると近くの踏切から「カーン、カーン」と警報音が。出川が「一番大事なところ!」と絶叫する姿にスタッフや取材陣からは笑いがこぼれた。そんな中、出川は「先行きすごい不安になりましたが」と仕切り直し、「将来の夢として『冠番組』と言うと笑われてたんですけど、言い続けていれば夢は叶う。感無量です」と喜びを爆発させた。

かつてテレビ東京では、出川の初冠トーク番組「出川哲朗のリアルガチ」を放送。出川は「冠のレギュラーは生まれて初めてで、しかもゴールデン。本当にうれしい」と笑顔を浮かべ、「テレ東さんにはよくこれだけの冒険をしていただいた。腹のくくり具合が好きですね。テレビ東京は攻めている番組が多いので、そういうところが出川哲朗とマッチしたのでは」と“リアルガチ”な芸風とテレビ東京の姿勢を重ね合わせる。「充電させてもらえませんか?」では日本全国を制覇したいといい、目指すのは「世界」。「最終的にはマンハッタン」と大きな目標を掲げた。

取材会の最後にはタモリなど芸能界の食通も愛する、蔦金の海苔を出川が“賄賂”として取材陣に配る一幕も。「こんな横浜くんだりまでありがとうございます!」と感謝しつつ、番組のPRを呼びかけた。その後はつなぎに着替えて初回のオープニングを収録。出川は蔦金を継いだ兄夫婦に見送られながらバイクを走らせていった。

初回と第2回は2時間半の拡大スペシャル。番組の成功を祈願し、出川が蔦金からパワースポットを巡りながら伊勢神宮を目指す全6日間の旅の様子が届けられる。

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

テレビ東京・テレビ愛知・テレビせとうち
2017年4月15日スタート 毎週土曜 19:54~20:54(4月15日、22日は18:30~)
<出演者>
出川哲朗
初回ゲスト:鈴木奈々 / 具志堅用高
第2回ゲスト:ロッチ中岡 / 千秋

お笑いナタリーをフォロー