ナタリー PowerPush - みみめめMIMI

注目“視聴覚”ユニットが描く ドキドキ&ワクワクの世界

シンガーソングライターのユカと、イラストレーターのちゃもーいがお互いのクリエイティビティに共鳴し合って結成した“新世代視聴覚ユニット”みみめめMIMI。現状、メンバー自身は姿を現さないスタイルでの活動ながらも、クオリティの高い楽曲とグラフィックが、昨年8月のデビュー以降大きな注目を集めている。

今回ナタリーでは、でんぱ組.incの主演映画「白魔女学園」主題歌となる2ndシングル「瞬間リアリティ」がリリースされるのを記念し、作詞・作曲・ボーカルを担当するユカにインタビューを実施。謎の多いユニットの秘密に迫った。

取材・文 / もりひでゆき

 
mixiチェック

“視聴覚音楽”誕生の背景

──みみめめMIMIの結成の経緯から聞かせてください。ユカさんとちゃもーいさんは同じ大学に通っていたそうですね。

はい。大学1年生のときに私とちゃもーいがたまたま同じ授業を取っていて、そこで出会いました。その後、私が曲を書いてライブをしていることをちゃもーいが、彼女が絵を描いていることを私が知って、それぞれの作品を見ていく中で「絵と音楽でコラボできたらいね」っていう話をするようになったんです。もちろん仕事として、という感覚はまだ全然なかったんですけど。

──お互いのクリエイティビティに共鳴し合ったわけですね。ちゃもーいさんのグラフィックからはどんなものを感じました?

ゴチャゴチャしていて鮮やかでかわいいなってすごく思いました。ゴチャゴチャしてるんだけど、パッと見たときに何を伝えたいかが伝わってくる絵だなっていうのも感じましたね。ちゃもーいならではの世界観がすごくあるというか。

──逆にユカさんの曲についてちゃもーいさんは何かおっしゃってました?

友達としてっていうのもあったかもしれないですけど、けっこう私のライブを観に来てくれてたんですよ。そこで言われたのは……「ほんとにいいよね」くらいだったかも(笑)。語彙力がないのか、具体的な感想は言われた記憶がないですね。あははは(笑)。でもすごく気に入ってくれてはいたみたいです。

──そんな2人がユニットとして動き始めたのは?

去年、アニメ「君のいる町」の主題歌(2013年8月リリースのデビューシングル「センチメンタルラブ」)のお話をいただいたタイミングです。それをきっかけにちゃもーいとのコラボで“視聴覚音楽”をやりたいなと思って結成したんです。ずっと「一緒に何かやりたい」って思ってたのがついに実現した感じで。

──あ、じゃあデビューに合わせて結成されたユニットということなんですね。

そうなんです、はい。

1人のときより断然広がってる

──そもそもユカさんはシンガーソングライターとしてデビューを目指していたそうですが。

ありきたりですけど、自分の歌をたくさんの人に届けたいという気持ちがあったので、もちろんデビューを目指してはいました。ただ、中学1年生から自分で曲を書き始めてオーディションもかれこれ100回くらいは受けてきたんですけど、ビックリするくらい落ち続けるもので(笑)。高校2年生からはライブハウスで弾き語りのライブをするようにもなったんですけど、そこでもトントンとは物事は進まず。自分はもうダメだなあってすごく思っていたので、こうやって今デビューできているのがすごくうれしいですね。

──ちゃもーいさんという心強い相方もいるし。

ですよね。1年前は視聴覚ユニットという形でデビューしてるとは想像もしてなかったんですけど(笑)。

──そうそう。みみめめMIMIは“視聴覚ユニット”というキャッチコピーを高らかに掲げているのが面白いですよね。

音楽は一般的に聴くものではあるけど、私は観るものでもあるなってすごく思うんです。ビデオクリップとかライブを観て、その音楽を好きになることってあるじゃないですか。それは結局、視覚も大きく関係していることだと思うんですよね。

──確かにそこは間違いないと思います。ただ、それをユニットコンセプトとして明確に打ち出すのはけっこう大きなことだなと。

そうなんですよね。つい打ち出しちゃったので(笑)、そこは毎日のように考えているところではあります。私の音楽とちゃもーいの絵を使って、みみめめMIMIらしいものを作っていくにはどうしたらいいだろうって。ある意味、そこを今、全力で築いていってる感じでもあるんですよね。いわゆる一般的なビデオクリップのように、音楽がまずあって、そこに映像を付けるというよりは、私たちは始めから両方を使った表現をしていきたいんです。そうすればきっと今までにない広がりのある作品を作っていける確信は強くあるんですよね。

──その可能性はデビューシングルはもちろん、今回のニューシングル「瞬間リアリティ」ですでに見えている感じもしますしね。

私もデビューシングルのビデオクリップを観たときに、やっぱりちゃもーいと一緒にデビューできてよかったなってすごく思ったんですよ。新しいことが表現できてる気がしたし、それによってやりたいこともどんどん増えてきていて。そういう意味では、1人で活動してたときよりも断然、活動が広がっているなって思うんですよね。

ニューシングル「瞬間リアリティ」 / 2014年1月8日発売 / A-Sketch
初回限定盤 [CD+DVD] 1500円 / AZZS-19
初回限定盤 [CD+DVD] 1500円 / AZZS-19
通常盤 [CD] 1260円 / AZCS-2030
CD収録曲
  1. 瞬間リアリティ
  2. 蝶~Butterfly~
  3. センチメンタルラブ~Piano Version~
  4. 瞬間リアリティ(instrumental)
  5. ドラマCD「白魔女学園 覚醒」(※通常盤ボーナストラック)
初回限定盤DVD収録内容
  • 「瞬間リアリティ」Music Video
みみめめMIMI(みみめめみみ)

シンガーソングライターのユカとイラストレーターのちゃもーいからなる女性ユニット。ユカとちゃもーいが大学で出会ったことから活動をスタートし、2013年にアニメ「君のいる町」の主題歌「センチメンタルラブ」の制作をきっかけにみみめめMIMIとして始動する。2014年1月にでんぱ組.incが主演する映画「白魔女学園」の主題歌「瞬間リアリティ」を2ndシングルとしてリリースした。ユカのポップでチャーミングな歌と、ちゃもーいの描く繊細かつカラフルなイラストのコラボレーションが魅力。